2016/12/05更新0like10489viewtanaka7254

憧れの対面式キッチン!カウンター内側を活用して生活感を排除しよう!

リフォーム・新築問わずキッチンの場合、対面式キッチンご希望される方は多いと思いますが、片付いていないところまで見えてしまうという印象があります。その点、ハイカウンターのキッチンは、リビングから内側の手元が見えないので生活感が丸見えにならないメリットがあります。さらに工夫次第でハイカウンターの内側を有効利用することも!今回は対面式キッチンの内側をのぞしてみましょう。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

調味料の定位置

真っ白なキッチンカウンターにダークブラウンの天板が印象的なキッチンです。吊戸棚やパントリーもあるのでキッチンの物があまり見えないすっきりとした空間のため、おしゃれなペンダント照明も引き立ってみえます。
そのハイカウンターの内側やガスコンロ前のニッチは普段使う調味料を収納できます。料理中に毎回引き出しを開け閉めする手間もなく、さっと取り出せるので料理の効率も上がりそうです。
こちらも同じく調味料の定位置になっています。
シンク横にもパネルが立ち上がっているので、さらに手元を隠すことが出来ます。

水切り棚として使用

こちらはシステムキッチンで水切りが付いているタイプ。水切りカゴを置く必要もなく、キッチンを広々と使えます。また、対面キッチンで隠すのに困る、布きんやまな板を置くスペースもあります。

レールとフックで見える収納

対面の立ち上がり壁にレールを取り付け、フックが取り付けられるようになっています。シンク回りのスポンジやブラシ類をハンギングすることができ衛生的ですね。

スイッチの取り付け場所

対面キッチンだと、壁が少なく、キッチンの照明スイッチや給湯器スイッチの設置場所に困りこともあります。こんな時に腰壁があれば、スイッチを設置でき、リビングダイニング側からは隠すことも出来ます。

食器棚を配置し、キッチンも隠す

対面式キッチンに袖壁を設けて、内側を食器棚にした事例です。リビング側からはキッチンの塗装された木壁がアクセントになっています。袖壁を設けることで目隠しになるだけではなく、収納スペースを確保することができます。
対面式キッチンでも、工夫次第ですっきりとした印象なります。対面式キッチンにしたいけれど、生活感のあるものまで見えてしまうのでは…とご心配の方、参考にされてみてはいかがでしょうか。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る