2015年03月25日更新

インテリア(その他)

インテリアだけじゃない!部屋の印象を変える床材

部屋の印象を変える時に、好みのものを飾ったり、好きな家具を揃えたりとインテリアを変更することがあると思います。
インテリアほど考えることはないかもしれませんが、部屋の印象を変える時には広い面積を占めている「床材」も重要な役目を果たします。キッチンでは水に強いものだったり、ペットがいるお家では傷が目立ちにくいものなど、メンテナンス面で選ぶこともあると思いますが、色や材質が違うだけでお部屋の印象はがらりと変わります。
ですが、普段あまり選ぶことのないものなので何を選んでよいのかわからないですよね。
そこで新築やリフォーム時の参考になるような、様々な床材をご紹介します。


高級感を感じるシックな黒いタイルの床です。
傷が付きにくいタイルは耐水性も高く、メンテナンスも楽です。

HMR [黒床の家]

ほどよい木目や節がナチュラルで可愛いパイン材の床です。
パイン材は柔らかくて足触りがよく、好きな方も多い床材です。
明るい色の床材は照明が優しく広がり、部屋の中が一層明るく見えます。

Kr-House

個性的で面白味のある「ヘリンボーン」の床です。
色によっても大きく印象が変わりますが、使えば使うほどに味わいが出てくる柄です。

72.松原の部屋

こちらは明るい色のナラ材のヘリンボーンです。
年月で風合いが増す柄ですね。

O邸・演奏会のできる広々リビング

家具などにも馴染む落ち着いた可愛さのタイルです。
キッチンの内側はお客様から見えない部分なので、使う人の好みで変えるとキッチンに居ることが楽しくなりますね。

大阪府U邸

家具や建具と合わせてトータルで白黒にまとめられたお家です。
白い床は髪の毛やゴミなどが目立つという欠点はありますが、清潔感が出てモダンな雰囲気になります。

リノベーションでワインの似合うゴージャスシンプルモダンな住まいに

周辺の自然と家の中が一体化しているような素材感のある床です。

竹包隠居 tikuhouinkyo


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • ベッドルーム+バス2
  • 赤坂の家Ⅱ 寝室
  • 書斎
  • エントランス
  • リビング

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問