2015年05月24日更新

おしゃれな部屋事例(リビングダイニング)

自然と家族が集まる空間、団らんは『ダイニング』にあり!

自然とみんなが集まるダイニング!家族や友人が集まり食事をとる空間。しかし最近では、ダイニングは食事をするところというよりは、まるでリビングのように常に人が集う場所、みんなが思い思いのことをするための空間になっています。狭小住宅が多い昨今、単体としてのリビングを取りづらいという事情もあるにせよ、どちらかというと不都合の賜物というよりは、自然発生的に日常生活に溶込んできた背景があります。 
むしろ一昔前、ちゃぶ台時代の居間の使い勝手がここに集約されているのかもしれませんね。
ダイニングがリビングのように居心地のよい団欒の場所となる住宅をいくつかご紹介します。


ぬくもりを求めて

キッチンダイニングに暖炉を置き、いつでもみんなが集まれるようなダイニングに。ちょっとした子どもの勉強机も設け、日常のどんなシーンも包み込む、木材の温かみを享受する豊かなダイニング空間です。

> この住宅のすべての情報を見る

すべてはダイニングから

どこの部屋にも通じるダイニング。この住宅では、ダイニングは全ての中心となり、個々の機能へ振り分けられるプランニングです。吹き抜けを利用し、どこから顔をだしても誰かを確認できる、ダイニングという大きな幹から方々への個室に枝を伸ばす、そんな魅力的な空間となっています。吹き抜け上の開口から降り注ぐ光もまた、健康的で活気的なダイニングの一面を提供します。
ダイニングの「いつもガヤガヤ」が家族に安心感を与えるのかもしれませんね。

> この住宅のすべての情報を見る

どこでもつながる

都心で暮らすひとつの提案です。
家族での食事は日常の楽しい一コマ。求心的な機能としてのダイニングから発信するアクティブな毎日が子どもを楽しく成長させていくことでしょう。スキップフロアを巧みに使い、まるで立体迷路のように数奇なスタイルで個々の部屋を繋ぎます。

> この住宅のすべての情報を見る


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

m_saさん

ユーザーだけでなく、街と呼応する建築に惹かれます。

最近お気に入りされた写真

  • 子供部屋1
  • ガラス扉越しに光が入る廊下
  • ウッドデッキと吹き抜けで開放的なLDK
  • 吹き抜けに渡り廊下のあるLDK
  • 惹き込まれるアプローチ

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか

連載記事

心地よい暮らしのレシピ

心地よい暮らしのレシピ

「心地いい暮らし」、よく聞くフレーズですが、本来「心地よさ」とは人それぞれにあるものです。では、自分にとっての心地よさとはどうやって見つけたらいいのでしょうか? この連載では、「心地よい暮らし」を実現するために、自宅をセルフリノベーションし、家具などもDIYで作るという、料理研究家の太田みおさんに、「心地よい暮らし」のヒントを教えていただきます。