2014年10月07日更新

インテリア(その他)

チェッカーガラスで主役級の扉に! ヴィンテージ風にも、カフェ風にも

皆様は、”チェッカーガラス”という名前のガラスをご存知ですか? ワッフルガラスやモザイクガラスとも呼ばれる、主にヨーロッパから輸入されるデザインガラスのことです。アンティーク家具などに使われる格子模様が特徴的なチェッカーガラスですが、強すぎる日差しもやわらかく受け止め、プライバシーも守ってくれる、しかもオシャレ! ということで今人気の高いガラスになっています。今回は、そんなチェッカーガラスを扉に使用し、アクセントになっているお部屋をご紹介します。


リノベーションを考える際に、新築のように新しく眩いものでそろえるのも素敵ですが、このお家のように、古くて味わい深いものも取り入れつつ、自分達のライフスタイルに合わせたお家作りをしたい! とお考えの方も多いのではないでしょうか。チェッカーガラスは「どこか懐かしい」雰囲気を出すのにピッタリ!

栃木県宇都宮市の「中古戸建住宅購入+リフォーム」H-house

アンティークな家具や雑貨とチェッカーガラスは相性抜群! リビングの扉が一番多くの方に見られる扉なので、こだわりの一枚にしたいですね。

No.74 30代/2人暮らし (ドアとスイッチ)

ヴィンテージな雰囲気を出すのも得意なチェッカーガラス。格好よくも可愛くもなれるチェッカーガラスは万能です。

リノベーション会社:株式会社リビタ「理想のインテリアに囲まれて、好きな街で暮らす」 (リノベりす掲載)

モザイクガラスの呼び名を持つチェッカーガラス。その名の通り、向こう側が見えにくいという利点が、こんなところにも生かされてい。

raita 特徴的なRC空間を活かし シンプルかつおしゃれにデザインした戸建テラスリノベ


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • 洗面
  • 外観
  • 外観
  • 外観
  • トイレ

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問