2014年12月16日更新

おしゃれな部屋事例(アウトドア)

家に居ながら四季を感じる…中庭の魅力

家に居て、ふと外を見ると木々に吹く風や太陽の光で四季を感じる事はありませんか。室内に居ながら、目で楽しめる四季折々の風景は中庭が創り出していると言っても過言ではありません。中庭があるからこそ開放感があり、風と光が家の中に居ても感じられ、四季を楽しむ事が出来るのです。家に開放感と四季をもたらしてくれる中庭をご紹介いたします。


開放感、それに光と風がどこからも楽しめる中庭です。特にシンボルツリーとなる木が風の吹き抜けを気持ちよく演出してくれるので目で見る楽しみもあります。

> この住宅のすべての情報を見る

玄関と一体感のある中庭です。コンクリート壁の冷たい印象を、木製の扉と中庭が暖かい印象へと変化させてくれています。玄関からの出入り時に季節の移り変わりを教えてくれる中庭になっています。

> この住宅のすべての情報を見る

刻々と陽が沈み変化していく様子が中庭に陰をつけていく事で楽しめます。季節ごとの太陽の高さなどで変わる陰影を楽しめるのも中庭の魅力の一つです。

> この住宅のすべての情報を見る

ロの字型に配置された中庭は、プライバシーを守りつつ開放感をもたらしてくれます。夜にライトアップされたシンボルツリーと一緒に眺める夜空は誰にも邪魔されない空間となります。

> この住宅のすべての情報を見る

穴あきブロックがある事で、通風と採光が中庭を通して室内にも、もたらされています。穴あきブロックの質感と木のぬくもりが調和し、柔らかい印象になっています。

> この住宅のすべての情報を見る

見ているだけで、開放感が気持ちよい空間を創りあげている中庭です。芝生の気持ちよさや風の気持ちよさ、太陽の気持ちよさ、全てが揃っています。

> この住宅のすべての情報を見る

二世帯住宅での中庭の位置づけは、採光や通風以外にも親世帯と子世帯をつなげてくれる役割も持っています。つながりということも含め色んな意味をもたらしてくれるのも中庭の魅力です。

> この住宅のすべての情報を見る


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか

連載記事

心地よい暮らしのレシピ

心地よい暮らしのレシピ

「心地いい暮らし」、よく聞くフレーズですが、本来「心地よさ」とは人それぞれにあるものです。では、自分にとっての心地よさとはどうやって見つけたらいいのでしょうか? この連載では、「心地よい暮らし」を実現するために、自宅をセルフリノベーションし、家具などもDIYで作るという、料理研究家の太田みおさんに、「心地よい暮らし」のヒントを教えていただきます。