2015年05月21日更新

おしゃれな部屋事例(アウトドア)

窓から覗くプライベートな中庭を楽しみたい!

住宅を設計してもらうのに期待してしまうことのひとつ。それは、どんな風景が眺められる家なのかということではないでしょうか。もちろん恵まれた眺望を楽しめる立地なら最高です。しかし、たとえ眺望がのぞめなくても庭を眺められたらそれで十分幸せです。またそれが、外からは見えないプライベートな中庭だと言うことはありません。
ここでは、自宅に中庭を持つ家を紹介しています。ただし、その中庭は、すべてが出来上がった庭ではありません。家によっては一本のモミジからスタートする現場もあります。大抵の庭は、年月とともに成長していきます。その様子も楽しんで見ていきましょう。


通りから外観を見ただけではその存在に気づかない中庭。
こんな家なら、お孫さんも気軽に遊びに来てくれるのではないでしょうか。

> この住宅のすべての情報を見る

間取り的には、2階からもこの中庭を臨めるようにつくられています。

> この住宅のすべての情報を見る

ダイニングからもその佇まいが感じられます。もともと外部に庭が取いづらい京町家。一歩家に入ると外からは考えられない癒しの空間が広がっています。

> この住宅のすべての情報を見る

子育てを充実させるため、妻のご両親と二世帯同居住宅を計画しました。二階の子世帯とは中庭を介してつながっています。外部の自然環境を利用しながら、二世帯が気持ちよく暮らせるよう配慮しています。最上階は、フリークライミングだけで行ける展望台とのことです。

> この住宅のすべての情報を見る

1階親世帯のリビングを吹き抜けからみたところです。祖父母と戯れるひと時。

> この住宅のすべての情報を見る

こちらの家は健康や環境に配慮し、構造用合板の類は一切使用せず、すべて無垢の板を使って建てたそうです。そうした趣味趣向が関係している訳ではありませんが、中庭を囲うイベント会場のようなリビング。ここにも施主のライフスタイルの一端が表れているかのようです。

建築家:浦篤志「みんなのいえ」

中庭はまだ完成はしていません。これから少しずつ庭木が増えていく予定だそうです。
毎年少しづつ楽しみが増えていきそうですね。

建築家:浦篤志「みんなのいえ」

建物はシンプルな寄棟平家建てですが、正面からは気づかない中庭が存在しています。
この中庭を中心に生活できるとは、なんて幸せなことでしょう。

> この住宅のすべての情報を見る

ここも二世帯住宅。2階に設置された中庭テラスが子世帯エリアの開放感を演出しています(この写真は2階です)。光を通す半透明の屋根材はFRPでしょう。

> この住宅のすべての情報を見る

2階寝室の前にも中庭テラスを設置しました。とにかく光は入りますが、寝室としてのプライバシーはしっかり守られています。

> この住宅のすべての情報を見る

1階親世帯の中庭です。植栽はイングリッシュガーデンを思わせるラフな風情です。庭先には長い縁側のようなデッキスペースがつくられています。

> この住宅のすべての情報を見る

この南房総の現場は、海と山がトンネルのような空間でつながっているのですが、それを可能にしているのがLVL(単板積層材)を使った壁式木質厚板構造木造と木造立体トラスアーチ構造というめずらしい構造。海と山を中庭と見立て、家の中に取り込んでいる事例です。

> この住宅のすべての情報を見る

上部列柱の奥は、なんと浴室になっています。柱でプライバシーに配慮しながらも思いっきり海を風景を味わえるのは2階しかなかったのでしょう。

> この住宅のすべての情報を見る

中庭中央にあるケヤキの木がしっかり見えるよう2階建ての高さがある特注ガラスを設置。家と言うより、公共施設のような建物です。でもソファに座ってくつろげば、最高に和むのは間違いないでしょう。

> この住宅のすべての情報を見る


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた写真

  • 和室
  • リビング&ダイニング
  • 梁あらわしのLDK
  • キッチン
  • トイレ

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか

連載記事

心地よい暮らしのレシピ

心地よい暮らしのレシピ

「心地いい暮らし」、よく聞くフレーズですが、本来「心地よさ」とは人それぞれにあるものです。では、自分にとっての心地よさとはどうやって見つけたらいいのでしょうか? この連載では、「心地よい暮らし」を実現するために、自宅をセルフリノベーションし、家具などもDIYで作るという、料理研究家の太田みおさんに、「心地よい暮らし」のヒントを教えていただきます。