2019/02/07更新0like1437viewhaitu

自分だけの「庭」を楽しむ!中庭が素敵な住宅

中庭とは、建物の中をくり抜いて設けた庭です。住宅内にいても外部を感じられる空間で、視覚に訴える心理的効果や採光などの機能的な効果もあり、豊かな空間を演出してくれます。今回は中庭の魅力や、中庭のある住宅事例を紹介していきます。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

視覚的効果1 景観を楽しむ

中庭の一番の魅力は、その豊かな景観です。

建物がひしめく昨今、景観を楽しむ庭づくりはなかなか難しいですよね。ところが、中庭は天井や屋根がない居室のようなもの。プライバシーを確保しつつ、グリーンのある暮らしを楽しめます。

また、中庭にシンボルツリーを設ければ、樹木を通じて季節が感じられます。夏期の強い日差しを少し抑える効果も。

視覚的効果2 距離感を楽しむ

中庭があれば、ここを通して宅内の別エリアが視認できるようになります。これによって、空間に豊かさが生まれます。
さらに、対となる別エリアとの距離感が奥行きを与え、広々とした安心感のある空間となります。

特に現代の住宅は間取りが機能的で、共用施設のようなフリースペースが少ないため、このように視覚的な空間を演出することはとても有効です。
また、どの部屋にいても家族の存在が感じられ、ぬくもりのある空間となります。

機能的効果1 四方への採光

通常の採光窓は外部からの視線があるため、開口部を大型にする計画が難しいもの。
また、ブラインドなどの目隠しを付けることで、得られる採光には制限があります。

一方、中庭に差し込む天光は遮るものなく室内へ導かれるため、住宅内は自然採光あふれる明るい空間となります。

また、中庭は建物の中央から四方へ採光を導入できるので、通常の採光窓に比べ均斉度(光の分布のばらつき度合い)が優れており、住宅全体が明るくなります。

機能的効果2 年間を通して風通しがよい空間

外部の換気窓から取り込んだ空気は、適切な換気道を計画しないと、淀んでしまいます。

中庭を設ければ、外部から取り込んだ新鮮な空気を循環させることができます。
季節によって変化する季節風にも対応できるため、年間を通して風通しのよい住宅空間が生まれます。

中央に構える中庭と回廊のある家

広々とした中庭を持つ住宅です。

回廊型に組まれた各居室には、中庭を介して視覚的連続性が生まれ、開放感と一体感あふれる住宅となっています。

浮き上がる緑の中庭

ガレージと一体化した中庭を設けた住宅。

住宅の設えは白を基調にしたシンプルなもので、一面に緑を敷き詰めた中庭が無機質な空間に浮き上がったような存在感をプラス。

水盤とガレージを楽しむ住宅

水盤とガレージを眺めることのできる中庭を設けた住宅。

リゾートホテルのような高級感の秘密は水盤や光質なタイル。中庭を介してガラス張りのガレージを眺められます。
また、堀り下がったリビングは、中庭をより一層特別な空間に仕立てています。

ガラスに囲まれた中庭の家

中庭に面した外壁を天井までの全面ガラス張りとした住宅です。

垂れ壁や腰壁がないため、外部と内部の境界が曖昧で、空間的に広がりのある豊かな住宅空間となっています。

広々した陽だまりの中庭

長方形の広々とした中庭のある住宅。

細長い中庭はそれぞれの部屋に採光を届けるだけでなく、豊かな情景も差し込みます。
中庭は各部屋の空間のつながりをつくりだす、もうひとつの居室です。スペースの制約はありますが、住宅全体を豊かにしてくれる中庭を一度検討してみては?
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る