2015年04月08日更新

リフォーム・リノベーション(その他) , 注文住宅(その他)

通り抜ける。つなぐ。ひと呼吸つく間としての廊下をつくる

スペースを有効利用する点から、最近では廊下がない住居が増えています。今や廊下は贅沢な空間になりつつあります。廊下にはリビングのように寛ぐ、ダイニングのように食事をとる、といった明確な目的がありません。強いて言うなら、”通り抜ける”かもしれません。動線として、風や光の通り道として、ひと呼吸つく間として、そんな廊下の事例をご紹介します。


入口の両サイドに庭をもつ廊下。廊下の先に森が続くのではないかと思わせる造りになっています。静寂が心地いいと感じさせる空間になっていますね。

西三国の家

明るく光が降り注ぐリビングダイニングとは対照的に、廊下は薄暗い空間になっています。この明と暗の対比が寛ぐ空間とのほどよい距離感を保っています。

川辺のいえ

玄関から続く廊下に写真集やデザイン書をかっこよく並べられる大きな本棚をつくりました。イメージはヨーロッパの本屋さん。個を楽しむ空間として佇む廊下の先には、木漏れ日のあふれる空間。ひとつの家の中に存在する「個」と「交わり」の空間、それをつなぐのはまさしく廊下でした。

兵庫県K邸

長いカウンターが設置された廊下には、採光のために縦長の窓が多数設けられました。とても明るく高級感のある廊下になっています。

市川の家

吹き抜けの中程に宙に浮かぶような廊下を設けました。この廊下は1階と2階をつなぐコミュニケーションの場としての役割も果たしており、今にも声が聞こえてきそうな人の気配を感じる廊下になっています。

フキの家

外廊下と呼べる軒と塀の間のこの空間には等間隔に照明が埋め込まれています。照らすためだけでなく、オブジェのようなこの照明は窓越しに眺めるのも楽しそうですね。

T別荘

光と風が通り抜ける通り土間は、壁面に飾棚を有しています。そのため通り抜けるだけではなく、外でありながら室内の延長として楽しむことができるようになっています。

新小岩の家

格子でわずかに仕切られている外廊下は、すでに家の中に入ったかのような安心感と玄関ドアの先の景色に期待が膨らむ造りになっています。外とも中ともいえないこの空間は、様々な感情を受容してくれるそんな独特な空間になっています。

清水の家


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • キッチン
  • リビングダイニング
  • ガラス張りの外観
  • ホームパーティーも楽しめるダイニングテラス
  • 外の空間を感じることができるリビング

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問