2016年09月16日更新

インテリア(カラーコーディネート)

2017年はこの色が来る?カッパーってどんな色?

インテリアにも毎年流行の色があるってご存知ですか?もちろん、ご自分の好きな色をインテリアに取り入れるのが一番ですが、模様替えをしたくなったり、いつもとは違う色を取り入れたくなった時に流行の色を取り入れてみるのも面白いかもしれませんよ。来年、2017年は"カッパー"が来るそうです。どんな色か見ていきましょう。


カッパーってどんな色?

聞きなれない単語ですが、カッパー(Cooper)とは「銅」のことで、コッパーとも表記されます。加工がしやすいため、昔から台所製品などに使われてきました。シルバーやゴールドとは違う、赤みを帯びた、派手すぎず上品な輝きが魅力的です。

pinterest.com

出典:pinterest.com

小物から取り入れてみる。

いきなり大物を取り入れるのではなく、このようなキャンドルホルダーから取り入れるのも素敵です。こちらではカッパーのテーブルにカッパーの小物がコーディネートされてますが、煌びやか過ぎずに、ナチュラルなテラコッタの鉢ともマッチしています。

pinterest.com

出典:pinterest.com

水製品にカッパーはぴったりです。

銅には菌が繁殖しにくいという性質があるので、水を入れた容器に銅を入れておくと中の水が傷みにくくなります。よく生活の知恵などで、10円玉を台所の排水管の所に入れておくとヌメリができにくくなると言われていますよね。そんな性質がカッパーにはあるので洗面台に取り入れるのも衛生面からもいいアイデアです。

pinterest.com

出典:pinterest.com

テーブルx照明にカッパーを取り入れてみる

こちらはテーブル二点と照明にカッパーを取り入れています。グレーのソファとの馴染みもよく、モノトーンコーディネートより熟れた感がありますね。

pinterest.com

出典:pinterest.com

北欧っぽいインテリアとも相性がいいのです。

真っ白の天井・壁、そしてヘリンボーンフローリングの北欧の典型的な部屋。内装に合わせて家具も北欧デザインのものになっています。そんな中で異色を放っているのがカッパーの照明。フローリングの色ともマッチしていますし、落ち着いた輝きがいいアクセントになっていますね。

pinterest.com

出典:pinterest.com

もう1つの2017年流行色、マットブラックとも相性ばっちりです。

マットブラックも2017年の流行色と言われています。マットブラックの壁にカッパーも相性ぴったりですね。

pinterest.com

出典:pinterest.com

パステルピンクとも相性がいいのです。

今までは大人っぽい色合いばかり見てきましたが、カッパーは赤銅色とも言われる通り赤系の色なので、ピンクとの相性もバッチリです。

pinterest.com

出典:pinterest.com


この記事を書いた人

villekullaさん

関西在住。北欧、特にスウェーデンが大好きで我が家はスウェーデンインテリアを取り入れまくっています。手作りの物で家をディスプレイしたくて北欧の手工芸を色々と習っています。雑貨探しに街に出ることも大好き!梅田や神戸をよくうろついています。

最近お気に入りされた事例写真

  • ダイニング
  • ウォークインクロゼット2
  • LDKスペース
  • 対面キッチン
  • 洗面室

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問