2014年08月26日更新

おしゃれな部屋事例(リビングダイニング)

空気の循環を助けるシーリングファンのあるリビング

シーリングファンは、リビングなどのフォーカスポイントとしての装飾的な意味合いや、空気をかく乱させることで、室内の上部と下部の温度差を縮めエコにつながることなどから人気があります。シーリングファンの取り付けには、電源だけではなく、天井に強度が必要な商品もあり周囲に充分な空間も必要です。新築やリノベーションの計画に含めるとよいでしょう。


那須にある週末の住まい。
勾配のある高さのある天井に、ゆったりとシーリングファンが取り付けられています。

> この住宅のすべての情報を見る

お寺の僧侶の住まいで、近隣の方の集う家です。リビングダイニングとつながるサロンは、吹き抜けにシーリングファンがつけられ開放的です。

> この住宅のすべての情報を見る

吹き抜けでブラケットに照らされたシーリングファンは、白い壁に囲まれた空間のアクセントとなっています。

> この住宅のすべての情報を見る

マンションをリノベーションした女性の一人暮らしの空間。
グレーの斜めの壁とともに、シーリングファンが存在感を見せています。

> この住宅のすべての情報を見る

もともとは、米穀店であった1階をリビングとしたリノベーション。
喫茶店としても活用できるレトロな空間にシーリングファンが映えています。

> この住宅のすべての情報を見る

バリ風にコーディネートされたリビング。
空間と調和がとられた黒のシーリングファンもリゾート感を醸し出しています。

> この住宅のすべての情報を見る

海をイメージしてリノベーションした湘南にあるマンションの一室。
シーリングファンは海辺のリゾート感あふれるコーディネートに、欠かせないアイテムです。

> この住宅のすべての情報を見る


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた写真

  • リビング / リビングからLDKを俯瞰する
  • リビングダイニング
  • 木の温もり感じるLDK(撮影:鈴木美幸)
  • 廊下
  • LDK

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか

連載記事

心地よい暮らしのレシピ

心地よい暮らしのレシピ

「心地いい暮らし」、よく聞くフレーズですが、本来「心地よさ」とは人それぞれにあるものです。では、自分にとっての心地よさとはどうやって見つけたらいいのでしょうか? この連載では、「心地よい暮らし」を実現するために、自宅をセルフリノベーションし、家具などもDIYで作るという、料理研究家の太田みおさんに、「心地よい暮らし」のヒントを教えていただきます。