2019/03/20更新1like1098viewrico.y

勾配天井を活かす、住まいづくりのポイント集

屋根の勾配を活かした傾斜のある天井は、通常屋根裏となるスペースを室内空間とするため、空間に高さが加わり、より開放的な雰囲気にすることができるのが魅力です。他にもさまざまなメリットのある勾配天井ですが、もちろん同時にデメリットも存在します。
今回は、メリット・デメリットの両側面に注目しながら、勾配天井を活かす住まいづくりのポイントをご紹介していきます。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

屋根組や梁を見せて、温かみのある空間に

多くの住宅では、屋根組や屋根を支える梁は天井で隠れています。しかし、屋根裏のスペースを室内に取り入れる勾配天井なら、通常隠れてしまう部分をあらわしにすることも可能。

屋根組や梁があらわしになった勾配天井は、伝統的な日本家屋にも似た、温かく落ち着きのある雰囲気をつくり出してくれます。
また、屋根組や梁を塗装し、内装と揃えればスッキリとモダンな印象に。

屋根組や梁を見せず、勾配ならではの動きを強調する

屋根組や梁をあらわしにすると、ほこりがたまりやすく手入れが大変になるといったデメリットも生じます。
その点では、シンプルに屋根組や梁を見せない勾配天井なら、お手入れは通常の天井と同様でOK。

また、天井の傾斜がより強調されるため、動きのある個性的な空間をつくり出すことができます。
勾配天井の素材や色を他所と変えて、傾斜した動きを強調するユニークな演出もおしゃれ。

ハイサイドライト、トップライトで採光と通気を高める

通常よりも縦に広がった空間にハイサイドライトを設けられるのも、勾配天井の魅力のひとつ。室内が、より開放的で明るい雰囲気になります。

採光を高めるだけであればFix窓でも十分ですが、可能なら開閉できる窓を取り付け、通気も高められるのがベター。屋根組や梁あらわしの勾配天井の場合は特に、高い位置にある窓を開け空気を動かすことで、ほこりの蓄積を抑制することができます。
トップライトを取り付けるのも、屋根の傾斜を使った勾配天井ならではの楽しみ方。
室内にいながら、青空を仰ぐことができたり、時にはお月見を楽しむことだってできるかもしれません。

シーリングファンで空調効率を高める

勾配天井により空間が縦に広げることで開放感が増す一方、空調効率が低下してしまう可能性があります。そこでおすすめなのが、天井付近で空気の回転を促すことのできるシーリングファン。

インテリアとしてもアクセントとなってくれるのが嬉しいですね。また、シーリングファンで空調効率を上げることで、冷暖房のランニングコストを抑えることもできます。快適でおしゃれ、そのうえ省エネにもなるという優れものです。

勾配天井に合った照明計画

勾配天井は、通常の天井に比べ照明計画に気を使う必要があります。
空間が広くなるため、照らさなければならない範囲も広がりますし、照明の設置位置が高くなるため電球の取り換えが困難となることが考えられるからです。

勾配天井用につくられた、ペンダントライトやダウンライトなどもあるので、インテリアとのバランスを見ながら選ぶようにしましょう。また、高所への取り付けとなるため、交換回数の少なくてすむLED電球を利用するのがおすすめです。
梁あらわしならば、梁にスポットライトを設置するのも効果的。
照らす向きを自由に変えることができるため、より細やかな照明計画を適えてくれます。
いかがでしたか?勾配天井のデメリットの部分は、勾配天井を活かす工夫次第で解消することができることがお分かりいただけたのではないでしょうか。勾配天井を取り入れようと検討中の方も、取り入れたもののデメリットにお悩み中という方もぜひ、参考にしてみてください。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

リノベーション向き物件探しが得意な会社

リノベーションをするために物件を探している方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る