Coichi Wadaさんのプロフィール

Coichi Wada

株式会社STUDIO KAZ @東京都

私たちは「ヒトに関わること」に関わっています。
そこにいる人の視線、所作、気持ちなどを考えて空間を組み上げるようにしています。
住空間のインテリアを中心に、店舗、オフィスなどの空間全体から、キッチン、家具などのデザインも手がけています。

サービス概要

■空間デザイン:住宅・マンション・商業施設等の空間全体からキッチンや浴室、個室といった単一空間までヒトが含まれる場所の企画・デザイン・監理およびそれらに関連する業務
■家具デザイン:オーダー家具、オーダーキッチンをはじめ、家具全般の企画・デザイン・監理およびそれらに関連する業務
■プロダクトデザイン:住設機器をはじめとした住宅関連商品、インテリア雑貨、照明器具、陶器等身の回りに存在するモノの企画・デザイン・監理およびそれらに関連する業務
■グラフィックデザイン:CI計画、会社案内、取扱説明書、リーフレット、DM、情報誌、名刺等、あらゆる印刷物の企画・デザイン・監理およびそれらに関連する業務
■講師:インテリアデザイン、キッチンデザインなどに関するテーマの講演、セミナー講師、各種学校等での関係科目の講師、執筆など

対応可能業務

リフォーム・リノベーション , インテリア/エクステリア/造園

住所

〒136-0072
東京都 江東区 大島7-42-12-M2F

サービス提供エリア

全国

資格

2級建築士
インテリアコーディネーター
キッチンスペシャリスト

こだわり

オーダーキッチンには特にこだわりを持っています。
これまでに400件以上のオーダーキッチンを手がけてきました。

経歴

1965     福岡県生まれ
1988     九州芸術工科大学芸術工学部工業設計学科卒業
1988~1989 トーヨーサッシ(現トステム)株式会社 インテリア事業部
1990~1992 トーヨーサッシ(現トステム)株式会社 デザインセンター
1993     ベルテックハウス株式会社嘱託
1994~    ステュディオ・カズ設立
2008     株式会社STUDIO KAZに改組
1998~2012 バンタンデザイン研究所インテリア学部非常勤講師
2002~2006 工学院大学専門学校インテリデザイン科非常勤講師

受賞歴

第一回キッチンスペースプランニングコンクール (1994 (財)住宅産業情報サービス会長賞)
第二回キッチンスペースプランニングコンクール (1999 最優秀賞)
住まいのインテリアコーディネーションコンテスト2000(2000 会長賞)
第三回キッチンスペースプランニングコンクール (2000 奨励賞)
2001年国際家具デザインコンペティションin大川(2001 審査委員奨励賞)
第三回「TILE DESIGN CONTEST」 (2002 1等賞)
第四回キッチンスペースプランニングコンクール (2002 キッチンスペシャリスト賞)
LEDデザインコンテスト(2003 入選)
2005年度グッドデザイン賞(2005 建築・環境デザイン部門/今永環境計画と共同)
住まいのインテリアコーディネーションコンテスト2006(2006 支部長賞)
第8回「あたたかな住空間デザイン」コンペ暮らしデザイン部門お風呂の部(2006 優秀賞)
第8回「あたたかな住空間デザイン」コンペ暮らしデザイン部門キッチンの部(2006 優秀賞)
第8回「あたたかな住空間デザイン」コンペ住宅デザイン部門(2006 東京ガス特別賞)
WH社第3回『建築家と考える創造と再生展~ここまで出来た!わが家のリフォーム~』(2007 入選)
『座ってみたい北の創作椅子展2008』(2008 入選)
2009年度グッドデザイン賞(2005 生活領域-住宅設備部門/株式会社INAXと共同)
ARIAFINA KITCHEN DESIGN AWARD2012(2012 佳作)
住まいのインテリアコーディネーションコンテスト2013(2013 経済産業大臣賞)

雑誌掲載・著書

「99人の デザイナーとつくる未来 の本」(共著 2005 ラトルズ)
「キッチンをつくる/KITCHENING」(単著 2007 彰国社)
「世界で一番やさしい建築図面」(共著 2009 エクスナレッジ)
「世界で一番やさしいインテリア」(共著・監修 2009 エクスナレッジ)
「最高の家具をデザインする方法」(共著 2010 エクスナレッジ)
「最高のリフォームをデザインする方法」(共著 2011 エクスナレッジ)
「世界で一番やさしい家具設計」(単著 2012 エクスナレッジ)
「世界で一番くわしいインテリア」(共著・監修 2012 エクスナレッジ)

掲載雑誌多数

趣味

料理・音楽・犬

re-apartment/kos

マンションリフォーム・リノベーション事例

説明: 築40年の公団型集合住宅。お子様が独立された60代の女性が独りで生活されるための住まいのリノベーション。施主からはワンルーム空間がいいこと、布団や座卓など床中心の生活をすること、掃除がしやすいことなどが要望としてあげられた。
 48.6㎡と決して広くない専有スペースに、水回りを囲むように構造壁が存在する。加えてキッチンの壁出し水栓が隣室との界壁から出ていることもあり、水回りの位置はおよそ決まってしまう。
 「ワンルームでいい」というリクエストではあるが、空調や来客時のことなども考慮し、引き込み式の引戸で二つのエリアに分割した。この3枚引戸は1:2に分かれて廊下の出入りも兼ねるため、夏場の風 ...

実施予算: 900 万円

実施時期: 2011年11月

登録部屋数: 2

totto house

マンションリフォーム・リノベーション事例

説明: 築7年の中古マンションを購入した若いご夫婦のためのリノベーション。比較的新しく、前居住者が非常にきれいに使っていたということもあり、住設機器は既存のままとし、仕上材や少しの間取り変更などで劇的に空間を変化させた。

床はアッシュのフローリング、犬のトットくんのことも考え、仕上げはオイルフィニッシュの上に液体ガラス塗料を含浸させてメンテナンス性を向上させた。キッチンを囲っていた壁と吊戸棚を撤去し、カウンターとその下の収納、及びキッチン収納を造作。天井はスラブ現しの上にペンキを塗り、天井高を確保する。壁は既存クロスの上からペンキを塗り、自然な凹凸が出ている。その凹凸を間接照明が拾て豊かな表情を ...

実施予算: 500 万円

実施時期: 2012年5月

登録部屋数: 2

re-apartment/mor

マンションリフォーム・リノベーション事例

説明: 築33年のマンションのリノベーション。約70m2、壁構造の1階にご夫婦+男の子3人で暮らす。水回りが構造壁で囲まれ、さらに水回りのみスラブが下がっているため位置の変更は不可能。リビングとご夫婦の寝室を兼ねる和室は引戸によって開放感をコントロールすることができる。子供部屋の壁は一面だけクロスの色を変え、アクセントにした。和室の壁もアクセントにしているが、これは和室の要素から、フローリング〜カーテンといった洋の要素への中和する役割も果たす。

リビングの壁面収納は両側を既製品にし、その間にPCデスクとテレビ台を造作した。その上部を間接照明とすることで、。リビングのベース照明はまかなえている。あ ...

実施予算: 900 万円

実施時期: 2012年4月

登録部屋数: 2

re-apartment/kik

マンションリフォーム・リノベーション事例

説明: 築32年の大型マンションの一室。女性が一人で住む60㎡の専用部分をスケルトンリフォームすることになった。我々に依頼される前にも相当な準備期間があり、施主のリクエストは細かく、多岐に渡る。しかし、そのすべてをクリアするには面積と予算が全く足りない(よくあることだが)。そこで持ち物の整理、生活の見直し、リクエストのプライオリティの判断などを一年以上の期間をかけてコンサルティングしながら、厳選したものをレイアウトする作業を繰り返した。
 図面を見て分かる通り、この計画のポイントは6.2°の角度を持った斜めの壁にある。この壁によって、矩形の空間をプライベートとパブリックなスペースに分割している。PS ...

実施予算: 1200 万円

実施時期: 2012年11月

登録部屋数: 5

天空のキッチン/re-kitchen/ob

マンションリフォーム・リノベーション事例

説明: 都心の高層マンション。築13年になる高層階のマンションリノベーション。クローズドだったキッチンを開放することをご所望された。濃い色柄のコーリアン天板にマンガシロを濃い色に着色した扉がシックな印象を際立たせている。キッチンの正面にはキッチンパネルとした、そこから続く壁は天然石の積層材を貼り、雰囲気を演出。形が揃わない冷凍冷蔵庫や電子レンジ等は見えない位置に配置し、決して雰囲気を損なうことはない。
キッチンに固定したダイニングテーブルはリビングに伸び、大人数でのホームパーティーにも対応できる。
小さいながらもウォークインパントリーを備え、収納量は十分確保している。
東南角に面した部屋で、昼間 ...

実施予算: 480 万円

実施時期: 2013年10月

登録部屋数: 5

アイテムは登録されていません。

この専門家への評価は投稿されていません。