2018/12/03更新0like3312viewNaomi.Spring

使いやすいシステムキッチンはどれ?種類と選び方

家づくりの際、こだわりたい場所のひとつにキッチンがあります。現在のキッチンの主流であるシステムキッチンは、スタイルやデザインが豊富。選ぶポイントがわかっていれば後悔することもありません。今回は、システムキッチンの選び方と種類をご紹介します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

システムキッチンとは?

システムキッチンとは、コンロ・シンク・調理台・収納などがワークトップと呼ばれる天板で一体化したキッチンのこと。
食器洗い乾燥機など、好みに合わせて設備や仕様を選べるのも魅力。豊富なデザインだけでなく工期が比較的短いという特徴があります。

システムキッチンの選び方1:ライフスタイルに合わせて選ぶ

システムキッチン選びで大切にしたいのが、ライフスタイルとの相性。

たとえば、料理する人と家族との距離をどのくらい近づけたいのかなど、実際にキッチンに立った時のシチュエーションを思い描いてみると、システムキッチン選びに役立ちます。

また、十分な調理スペースをとることも使いやすさのポイント。まな板を置く、切ったものや調理したものを置くなど、効率よく調理が進むよう広めに確保したいですね。

システムキッチンの選び方2:使いやすい仕様にこだわって

各部材のサイズや構造が調理する人にマッチしていることも、選ぶときの大切なポイント。
特に、システムキッチンの適切な高さは、疲れにくさや使いやすさに直接つながるため慎重に選びたいところです。
標準的な高さは85センチですが、身長に合わせて微調整できるため専門家に相談してみましょう。

システムキッチンの選び方3:必要な設備にこだわる

食洗機をビルトインにしたり、IHかガスコンロかを選んだりと、必要な設備にこだわることでより使いやすいキッチンが実現します。

また、シンクやワークトップも素材・サイズなどさまざま。
特におすすめなのは、ハンドシャワー付きのシンク。野菜洗いやシンク洗いも楽にできて便利です。
掃除のしやすさや片付けのしやすさで水まわりの設備を選びましょう。

システムキッチンの種類1:I型キッチン

もっとも省スペースで設置でき、リーズナブルに施工できるI型キッチン。
直線に並ぶ家事動線で無駄のない動き、スペースの活用ができるタイプです。

システムキッチンの種類2:L型キッチン

L型キッチンは家事動線を短くすることができ、調理しやすいのが特徴。
ワークトップを広めに確保することができるため、2人以上の調理も楽しめます。

システムキッチンの種類3:U型キッチン

来客が多い、数人で調理したいなど、ホームパーティーを開くことが多い方はU型キッチンがおすすめです。
奥行きがあり、左右に作業スペースがあるため人数が増えてもスムーズに調理できます。

システムキッチンの種類4:アイランド型キッチン

おしゃれなキッチンの代名詞でもあるアイランド型キッチン。
開放的な雰囲気と数人での調理も余裕でこなせる広さが魅力です。設置にはスペースが必要になるため、広めのLDKを確保できるお宅に適しています。
システムキッチンは、使う人の好みに合わせて比較的「リーズナブル」で「スピーディ」に理想のキッチンを実現できるのが魅力です。今回紹介したポイントを参考に、あなたらしいキッチンをつくってみてください。
お気に入り

SUVACOでできること

家づくりの学び舎

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

キッチンの事例をもっと見る
家づくりの専門を探す
専門家選びのご相談はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A