2014年07月11日更新

おしゃれな部屋事例(バス/トイレ)

使い勝手もいい!バストイレ・洗面エリアのリフォーム集

毎日使う場所だからこそ、こだわりを持って作り上げたいのが、トイレ、バス、洗面周りです。
一日のうち、バスルームを使わずに過ごすという日はないことでしょう。その分お掃除頻度も高い場所。
家族みんなが使う場所だからこそ、快適に過ごせる、そんな水周りに取り入れたいアイディアをご紹介します。


大きな窓が特徴的なバスルーム。バスルームは、水気が多いためにどうしてもカビができやすい場所です。そんな掃除のめんどくさい場所であるお風呂場の掃除を少しでも楽にしてくれる大きな窓。換気がしっかりとできるので、湿気がこもることがありません。

> この住宅のすべての情報を見る

広々とした洗面台はアイテムの多い女性にぴったり。アイテムを少々広げてもまだまだスペースがあるので、作業がとてもしやすいです。大きな鏡の前でおしゃれをすると心も弾みます。自然光を取り入れられる窓があるとメイクがとてもしやすく、便利ですね。

> この住宅のすべての情報を見る

トイレというスペースはとても小さな場所。しかし、トイレは小さなスペースにくつろぎの空間を演出する必要があります。タンクレスのトイレ、幅狭カウンターで狭い空間をより広く見せることができます。シンプルな柄も機能性にあふれ、収納もたっぷりあるトイレになっています。

> この住宅のすべての情報を見る

清潔感のある真っ白なトイレ。全体を白でまとめ、後は小物でデコレーションして自分らしさを演出。全体を白にしておくならば、イメージチェンジをしたいときには、いつでも小物を変えるだけでガラリと雰囲気を変えることができます。

出典:flickr.com

キュートな洗面所を作りたい場合は、丸みのあるボウル型のシンクがおすすめ。壁面や洗面台に色を持ってくることで、よりシンクの存在を際立たせます。さらにお風呂場への入り口をガラスドアにすると圧迫感を軽減させ、広々とした空間になります。

> この住宅のすべての情報を見る


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか

連載記事

心地よい暮らしのレシピ

心地よい暮らしのレシピ

「心地いい暮らし」、よく聞くフレーズですが、本来「心地よさ」とは人それぞれにあるものです。では、自分にとっての心地よさとはどうやって見つけたらいいのでしょうか? この連載では、「心地よい暮らし」を実現するために、自宅をセルフリノベーションし、家具などもDIYで作るという、料理研究家の太田みおさんに、「心地よい暮らし」のヒントを教えていただきます。