2015年10月21日更新

おしゃれな部屋事例(収納)

独立したウォークインクローゼットなら、何でも入って家事もラクラク♪

寝室、子供部屋にそれぞれクローゼットを設ける場合もありますが、これだとどうしても小さめのクローゼットしかできません。それにクローゼットを部屋ごとに細かく分けてしまうと、持ち主ごとに入れる場所が違うため、荷物をもって家じゅうをウロウロ…大物を入れたいなら、家事を楽にしたいなら、やっぱり一部屋をまるごとウォークインクローゼットにするのがお勧めです!


何でも入る大容量収納

服だけでなく、鞄や小物まで全て入れられる大容量収納です。棚だけのシンプルな作りにして、あとからしまう物に合わせてプラケースや引き出しを追加できるので、将来収納するものが変わってもフレキシブルに活用できます。

> この住宅のすべての情報を見る

とにかく広々した独立型ウォークインクローゼット。洋服や普段使いのストックはもちろん、イベントグッズや季節外の物も余裕でしまえます。壁全面に設けた作り付けの棚は、地震の時も倒れてくる心配がありません。換気や明り取りに有効な窓も大きくて、開放的な印象です。

> この住宅のすべての情報を見る

服だけではなく、本や趣味の物を置いて「滞在」タイプの収納スペースです。居心地の良さを優先し、広いスペースに物がゆったりと置かれています。詰め込むだけが収納ではありません。床に物が殆ど置かれていないので、掃除しやすいこともポイントです。

> この住宅のすべての情報を見る

入り口に姿見を置いて、コーディネートのしやすさを備えたウォークインクローゼットです。一部屋をまるごと洋服入れにして、全ての洋服をここに収納しています。しまうのも出すのもここだけですので、家事がとっても楽になります。

> この住宅のすべての情報を見る

コンパクトながら、収納するものに合わせて引き出しやハンガーかけを備え、ここで全ての身支度が済むようになっているウォークインクローゼット。天井いっぱいまで棚を作り付け、空間を有効活用しています。

> この住宅のすべての情報を見る

姉妹2人が平等に使えるよう、空間を2つに分けて同じものを設置しました。壁面にはワイヤーネットを取り付け、鞄や小物がかけられるよう工夫されています。収納物の日焼けを防ぐため、大きな窓には遮光性のロールスクリーンも付いています。

> この住宅のすべての情報を見る

洋服やスーツケースなど、あらかじめしまいたい物が決まっている場合は、それに合わせて棚の高さやサイズを決めましょう。高いところまで棚を渡し、空間を有効に使っています。

リノベーション・リフォーム会社:リノベーションカーサ「軽やかさを感じさせるラグジュアリーモダンな家(リノベーション)」

専門家紹介サービス

この記事を書いた人

lin_womanさん

家づくりの好きな兼業主婦です。

最近お気に入りされた写真

  • アトリエ
  • キッチン
  • 浴室
  • リビング
  • 廊下

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか