2016年03月29日更新

インテリア(その他)

可動間仕切りで部屋が2WAYになる!

可動間仕切りとは、取り外しができたり動く仕掛けになっている間仕切りのことです。固定で壁を作ってしまうとその場所から動かせませんが、可動式にしておくことで必要に応じて空間を仕切ることができ大変便利です。お部屋を2WAY仕様にしてくれる、可動間仕切りの様々なデザインや使い方をご紹介します。


寝室をフレキシブルに仕切る

リビングとベッドルームが同じ空間にある場合、家族だけで過ごしている時はあまり問題はありませんが、来客があった時などはプライベートな部分は目隠ししたいものです。そんな時に役立つのが可動間仕切りです。

> この住宅のすべての情報を見る

このように必要な時だけ間仕切りを閉めてしまえば、個室としても使用できます。開けると間口が広くなるので、大きな家具の搬入なども難なく出来ますね。

> この住宅のすべての情報を見る

光を通すガラスの間仕切り

空間に区切りはつけたいけれど仕切ると部屋が暗くなってしまうという時は、ガラスの間仕切りが有効です。これなら窓からの光を遮りません。

> この住宅のすべての情報を見る

ちなみにこちらの間仕切りは引き戸タイプではなく、大きな一枚扉のように開閉して使用します。

> この住宅のすべての情報を見る

子供の成長に合わせて使える

子供部屋に作られた可動間仕切りは、子供が小さなうちはフルオープンで開放的に使用し、大きくなったら閉めて個室としても使えるように想定されています。子供の成長に合わせて部屋の形を変えられるのはありがたいですね。

> この住宅のすべての情報を見る

オープンキッチンを間仕切り

最近はオープンキッチンが主流ですが、調理中の音や匂いがダイレクトにリビングに届いてしまうなどのデメリットもあります。そんな時に可動間仕切りがあれば、必要な時だけ独立型キッチンに変身させることが出来ます。

> この住宅のすべての情報を見る

風の通り道が作れる

個室は間取りによっては風の通りが悪く湿気が溜まりやすい場合がありますが、こちらのお宅では可動間仕切りを開けることで階段室やバストイレと空間を繋げ、風の通りを良くすることができます。逆に部屋にエアコンを効かせたい場合は間仕切りを閉めてしまえば、風が階段室の方まで逃げることはなくなります。

> この住宅のすべての情報を見る

収納も兼ねた可動間仕切り

こちらはワンルームの部屋を2つに仕切ることができる間仕切りです。一見普通の扉のようにも見えますが、実は反対側から見ると収納家具になっているという特徴があります。

> この住宅のすべての情報を見る

このようにクローゼットになっているので、間仕切りしつつ収納として利用することができます。キャスターがついているので楽に移動させることができるのもポイントです。

> この住宅のすべての情報を見る

障子の可動間仕切り

和室に間仕切りを設置する場合は、障子を使用すると部屋の雰囲気を損ないません。

> この住宅のすべての情報を見る

必要がない時はすべて開放しておけば視界や風の抜けもいいですし、畳張りの落ち着いたインテリアを眺めて楽しむことができます。

> この住宅のすべての情報を見る


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

Meruさん

賃貸でも出来るセルフリノベーションとマイペースに格闘中。
カフェ風や男前インテリアが好き。

最近お気に入りされた写真

  • 薪ストーブ・ピクチャーウィンドウを見る
  • 縦格子の玄関ポーチ
  • 山の風景に似合う屋根のデザイン
  • 吹抜けからダイニングを見下ろす
  • 北綾瀬Three eightショールーム (オフィス事例 )

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか