マンションリノベーション・リフォーム

千葉県A邸【60年代のカフェにいるような居心地の良い空間】

千葉県A邸【60年代のカフェにいるような居心地の良い空間】 (内窓がアクセントのリビングダイニング)

内窓がアクセントのリビングダイニング

夏はバルコニーからの風が家じゅうを快適にしてくれます

千葉県A邸【60年代のカフェにいるような居心地の良い空間】 (カフェのようなダイニング)

カフェのようなダイニング

ご主人の希望で、壁紙を貼らずペンキで仕上げを施しました。 わざとラフに仕上げることにより、カフェのような雰囲気を演出しました。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
3

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 施工, 監理

用途

自宅

居住者

夫婦・カップル

所在地

千葉県

費用

設計・施工:850万円

改修規模

フルリノベーション・リフォーム (キッチン/リビング/和室/水回り)

間取り

4K → 4LDK以上

築年数

28年

間取り

リノベーション前

リノベーション後

「当初はiPhoneに入った音楽を浴室でも良い音響で聞きたいという思いから、浴室リフォームだけを依頼する予定でした。でも僕が何気なく話した理想の住まいを、担当の方が建築パースにしてくれて、それに惚れこんでしまったんです。結果、大がかりなフルリフォームになりました。」とA様。

この事例の見どころや工夫したところ

A様の理想の住まいは「60年代のカフェみたいな家」。
天井・壁は、壁紙を貼らずペンキ仕上げとし、塗り方もあえて丁寧に塗らず”ラフな印象”に。単調にならないよう、あえて一面だけ壁の色を”アースカラー”でアクセントにしています。そして、照明は蛍光灯ではなく、あたたかい色合いの間接照明を採用。やさしい明りが室内を満てしてくれ、ほっこりと心和むおしゃれなカフェのような空間になりました。
夏のエアコンは猫にとって冷えすぎということも多いようで、エアコンがついた部屋から出たがるため、ドアは開けっぱなし。電気も無駄になってしまいます。
人にとっては暑く感じられる室内環境を改善するため、猫が行き来する部屋全てに「猫専用くぐり戸」を設置。

その他にも、ペットを飼っているご家庭でご要望が多いのが床材。
ペットの毛の抜け変わりの時期になると、毛がフローリングの溝につまったり、カーペットに絡まったりして掃除がしにくというもの。
溝のないタイル敷きにすることで、掃除をしやすくして人にとっても、猫にとっても快適な住まいを実現しました。

リノベーション前の写真

いい家!
3

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けたリノベーション・リフォーム会社

野村不動産リフォーム

野村不動産リフォーム

リノベーションを、もっと自由にもっと簡単に。

所在地

東京都新宿区西新宿7-21-3 西新宿大京ビル

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

野村不動産リフォーム

リノベーション・リフォーム会社 / @東京都