2015年03月27日更新

おしゃれな部屋事例(アウトドア)

今週末はお花見しよう♪ ~テラス・デッキで楽しむお花見のできる空間づくり~

日本では各地ですでに桜が咲き始めているようで、今年もお花見シーズンの到来ですね。家族・友人・恋人と公園でお花見って、ワクワクしてとても楽しいです。「場所取りできるかな?」というハラハラ感もお花見の醍醐味ではありますが、やはり、移動時間・荷物・場所取りの心配がないお家でのお花見は最高です。今年のお花見は、お家のテラスやデッキに大活躍してもらいましょう。


二階や三階部分にテラスがあれば、サクラの花びらを眺めながらお花見することができます。テーブルとチェアが一体になっているアウトドアテーブルだと、お家にいながらでも公園でピクニックしているような気分になれます。

T別荘

テラスはあるけど、あまりスペースが無いなんて場合でもお花見を諦める必要はありません。コンパクトなテーブルセットで立派なお花見スペースの完成です。

オウチ14・ネコと犬と暮らす家

缶ビールとスナック片手に寝そべって、ただただ青空の下、満開のサクラを眺めるなんて贅沢ですね。たまに相手と言葉を交わしながら、気がついたらお互い眠ってしまっていた、、なんてこともありそうです。「もうこんな時間!帰らなきゃ!」と起きて慌てる必要はありません。ここはあなたのお家ですから…♪

010軽井沢Tさんの家

アウトドアテーブルでも見た目にはこだわりたいものです。一般的にプレーンな印象のあるアウトドアテーブルセットなので、椅子の背もたれだけでもちょっとしたデザインが施されていると一気におしゃれ感が生まれます。テーブルの上に敷く物も広告や地味なビニールではなく、布製のランチョンマットを使ったほうがムードが出ますね。

ふたつの木の家

暗くなってきたら、お家の窓から漏れるちょうど良い灯りを利用して、デッキでの夜桜観賞なんて素敵です。

小さな中庭と大きな縁側の家

テーブルの上にランプを置くとムードも出ますし、昼から夜までの長時間のお花見パーティにも対応可能です。暗くなっても手元を優しく照らしてくれます。

港区S邸

桜を見上げるのではなく、見下ろしてみるのはいかがですか。所々で絨毯のように広がる満開の桜を一望することができます。今までと違う角度からのお花見を楽しめますね。

七里ヶ浜の家


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • LDK
  • リビングダイニング
  • リビング
  • 雄大なロケーションに建つ家-2
  • 洗面・浴室

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問