2017/05/11更新2like7346viewhatamama8

レイアウトによって印象が変わる!ダイニングテーブルとソファの関係

最近はリビングとダイニング、キッチンが1つの空間になっている家が主流になってきていますが、いざワンルームに家具を配置するとなると案外迷うもの。

今回は、そんな悩みを少し解消できるよう、一般的な広さのリビングダイニングにおける、ダイニングテーブルとソファの配置について考えてみました。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

ソファの背がダイニングテーブル側にある場合

真っ赤なソファはダイニングテーブル側に背を向けて置かれ、ダイニングとリビングを緩やかに仕切っています。くつろぐ場所と食事をする場所を区別したい場合は、ソファを間仕切り代わりに使うとよいですね。

また、ダイニングテーブルは、長辺をソファの背に対し垂直に置くことで、椅子を引いてもソファが邪魔にならず、対面式キッチンから全員の顔を見渡すことができます。
こちらはダイニングとリビングの間に空間をつくり、廊下から続く動線を確保しています。

ソファの背をダイニング側に向けることで、空間の区切りがはっきりしますね。キッチン台とダイニングテーブルがつながっているため、テーブル横の通路を広く取ることもできます。
リビング、ダイニングどちらからもTVを見たい場合、ダイニングテーブルとソファを縦に並べて配置すると良いでしょう。

ただしソファの背を低くし、視界を遮らないようにすることと、ソファとダイニングテーブルの間は椅子を引いたり、人が通るだけのスペースを確保しておく必要があります。どちらからもTVは見えますが、ダイニングとリビングは緩やかに仕切られているレイアウトです。

ソファがダイニングテーブルに向いている事例

ダイニングテーブルに向かってソファを置いた事例。
家族揃っての食事がなかなかできないご家庭でも、ソファがダイニングテーブルに向かっていれば、顔を合わせることができます。ホームパーティーなど友人と楽しく過ごす際にもこの配置はおすすめです。
緑のソファが彩りを添えるリビングダイニングは、TVを中心にしたレイアウトになっています。壁側にソファの背を向ける配置は、空間を区切らず広々とした印象になります。

並行に配置

部屋が長方形の場合、長手方向に対して垂直にソファやダイニングテーブルを置くと、動線が確保しずらくバランスも悪くなりますが、長手に対して家具の長辺の向きを揃えることで、動線がスムーズになり、無駄なスペースも生まれにくくなります。
こちらもソファとダイニングテーブルを並べて配置しています。家具を一方の壁側に寄せることで、空間が広くみえます。

窓側のダイニングチェアはベンチになっており、窓からの景色を椅子で遮らないことで、圧迫感を与えない工夫がなされています。
ダイニングテーブルとソファの配置によって、リビングダイニングの雰囲気は随分変わります。場所を考えるだけでなく、向きを変えるだけで十分模様替えができますよね。ちょっと気分転換したいときや、家族の生活習慣が変わったときなどの参考にしてみてくださいね。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る