2015年02月24日更新

おしゃれな部屋事例(書斎)

狭いからこそ落ち着く!書斎は大人の秘密基地

自宅の設計をするときに、男性が望むのが「書斎スペース」です。でも実現できず、せっかくの自宅に居場所がリビングだけと言う男性も多いのでは?
書斎を部屋と考えず、部屋の一部を利用してはいかがでしょうか。視線がさえぎられる空間は、実は考え事をしたり集中をしたりするのに適しています。さあ、秘密基地気分でご自身の趣味コーナーをおうちに取り入れてみてください。

0 お気に入り追加 21927view

カウンター下、奥の壁に収納。椅子は座るほどのスペースしかありませんが、このぐらいの広さがあると十分に片付けるスペースが確保できます。カウンターでパソコンを使うことを想定して、コンセントも設置しており使い勝手がよさそうです。

リフォーム・リノベーション(築45年・・・昭和の家を気分も一新)

細長いスペースに、シンプルにカウンターとイスだけを配置。背面の茶色い壁のおかげで、落ち着いて過ごすことができそうです。

自然素材の家 オークラモデル

2人が作業スペースとして使用できる空間です。くるりと後ろを向くだけで資料に手が届く、便利な壁面収納。
狭いからこそ実現できた便利な空間です。

4colors

秘密基地と呼ぶにふさわしい雰囲気です。アンティーク調のテーブルやいすも素敵☆ここで作業をするのは自分の時間を充実して過ごせそうです。壁面の棚もちょっとしたスーペースですが、書籍や小物の収納に便利そうです。

VINSTA - 小窓 × 白ブリック -

狭い空間で作業をすると、光の問題が出てきます。天井にスポットをつければデスクにライトを置く必要もなくなりますね。

家族の成長とともに変化できる自由な家(武蔵浦和のリノベーション)

階段下を利用したニッチスペースにカウンターを設置するだけで、立派な書斎スペースの出来上がりです。
壁の一部を飾り棚にしたり、棚板を配置したりすることで使い勝手も良くなります。

自然素材とスキップフロアが楽しい家

クローゼットの一部を女性が使うスペースとして確保しています。お化粧スペースとしてだけではなく、ちょっとしたワークスペースとしても利用できます。照明も女性らしいデザインで、一日中ここにいても飽きそうにないですね!

No.56 30代/2人暮らし

自分の居場所は、あるだけで安心できます。ご家族でそれぞれがプライバシーを持つことは仲良く暮らしていくコツです。
ぜひ少しのスペースを利用して、家族それぞれが自分の空間を持つ工夫をしてください。


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • わが家のダブルアイランド
  • 畳下収納
  • キッチン 1
  • コンロ、レンジフード
  • キッチン

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問