2017年09月08日更新

インテリア(壁/床)

スライディングウォールとは?機能性を生かした住宅実例

家族構成が変わって部屋数を増やしたり、来客時にだけ収納を隠したりと状況の変化に応じて、簡単に間取りを変えることができたらいいなぁと思うことはないですか?そんな時に注目してほしいのが、スライディングウォールです。


スライディングウォールとは

スライディングウォールとは、可動式の間仕切り壁のこと。間仕切り壁を可動式にして開閉できるようにすることで、空間を独立させたり広く活用したりと空間を有効に使うことができます。今回はそんなスライディングウォールの魅力を実例を交えてご紹介します。

採光が取れるスライディングウォール

全体の雰囲気に合わせた木製のスライディングウォールが目を引きます。広いリビングスペースはダイニングキッチンと繋がっているので生活感を隠したい時などに重宝します。

せっかくの広いリビングダイニングを閉め切ってしまうのは勿体無い。格子状のものを採用すれば、圧迫感を与えずに十分な採光を確保しながら緩やかに空間を分けることができます。

注文住宅事例「IRAKA西大寺」

少しの変化で空間を有意義に!

リビングとひと続きになった空間をスライディングウォールで仕切っています。壁を設けて二部屋にしてしまうと、どうしても圧迫感が出てしまいますが、スライディングウォールなら開放的な空間を実現でき、必要なときは仕切ることができます。

ホワイトの木目の建具を使用しているので、閉じたときも自然と空間に馴染んでいますね。

マンションリノベーション・リフォーム事例「築浅マンション ほんの少しの間取りの工夫で、明るく、便利に!」

収納をスライディングウォールで変幻自在に

子供たちの遊び場としても使えそうな広々とした玄関は、収納と一体化した空間。多機能で便利ですが、急な来客時などは収納スペースを隠したいですよね。そこで注目したいのが、収納空間を隠しながら仕切ることができるスライディングウォールです。

来客時にサッと閉めてスッキリした玄関に、日常使いでは広々と空間を活用できます。忙しい毎日の中では、とっさの時にきっと重宝するアイテムです。

注文住宅事例「ヒシノイエ」

スライディングウォールでプライベート空間を

リビングの一角にベッドが置かれていますが、寝る時は区切られたスペースで寝たいものですよね。そこでスライディングウォールの登場です。自由に空間を仕切ることができるので、必要に応じてベッドの周りを閉めてしまえば個室の完成です。

スライディングウォールだけで空間を仕切ることもできるので、広々と使いたいけど、プライベートな空間も欲しい!なんて時にはオススメです。

マンションリノベーション・リフォーム事例「マンションのスケルトンリフォーム」

スライディングウォールを取り入れることによって、間取りプランの幅が広がります。空間を完全に仕切らずに、日常生活に合わせて自由に壁を開閉できるスライディングウォール、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人

yuriaさん

旦那様が建築関係のお仕事をしていることがきっかけで、リフォームやインテリアなど住まいに関する情報を集めるようになった30歳の主婦です★

最近お気に入りされた写真

  • Kippis1
  • リビング
  • クローゼット
  • LDK
  • 外観

知っておきたい家づくりQ&A

自分らしい家、誰とつくる?