2019/07/09更新2like28418viewNoriko Kanauchi

おしゃれな室内ドア・室内引き戸のアイデア集

普段何気なく見ている室内ドア。
簡単に取り替えられるものではないため、冒険しづらいと考える方も多いかもしれません。でも、自分だけの気に入ったデザインにしたら毎日がもっと楽しくなると思いませんか?今回は、眺めているだけで幸せな気持になる、こだわりの室内ドアを集めてみました。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

ナチュラルな部屋にぴったりな、木目のドア。

フローリング材に合わせた木製のドアは、フローリングをそのまま切り取ってドアにしたような印象です。節や使う部分の色味の違いがとても楽しい仕上がりとなりました。白い壁とのコントラストがメリハリのある空間に仕上げています。
木目が印象的なリビングドア。
アーチ型のすりガラスをはめ込んでカントリースタイルです。真鍮色のドアの取っ手もデザインにとても合っています。
空間社「世田谷区E・S邸~ARUCO~」

人気のチェッカーガラス&ステンドグラス入り。

定番人気となったチェッカーガラス。
一時、爆発的な人気で品薄になったようですが、現在は安定した供給で以前のような心配はなくなったようです。かわいらしいインテリアには欠かせません。
ステンドグラスをはめ込んだドアも素敵ですね。
ガラスとガラスを銅線を溶かして付ける、というような時間をかけ仕上げるステンドグラスが、一気に空間を優しい雰囲気にしてくれます。

「建具」という言葉が似合う、レトロなドア。

昔祖父母の家にあったようなドア。
幾何学的な模様の古いものなど、現在は中古でしか手に入らないものもあり、アンティークの味わい。中古の建具を使う場合は調整が難しいので、必ず専門家に相談しましょう。
レトロなドアは、モダンな住宅にも不思議とマッチします。
この住まいにとって大切な2本の柱にシンプルな掛け時計、白い壁にレトロなドア、印象的な空間に仕上がりました。
モンドリアンデザインをイメージしたようなデザインのドアは、照明や家具など、ミッドセンチュリーインテリアに馴染んでいます。照明をつけたとき、器具のデザインによってできる陰影のラインも空間を引き立てます。

好きな色で元気になれる、カラフルなドア。

築40年超えの住宅をリノベーションした事例。
ドアとドア枠を塗った青が、バスルームのアクセントになっています。
シックなモスグリーンのドアは、落ち着いた雰囲気に。
少しレトロな色味の玄関収納にも合っています。
鮮やかな赤いドアと同じ色を、キッチンの壁にも合わせました。
インパクトのあるドアデザインとキッチン壁紙でいるだけで、楽しくなるような空間になりました。
アーチ型デザインと樽に付いているようなビスやドア取手、ブルーのカラーは、まるで地中海スタイルのデザイン。毎日がわくわくのリゾート気分になりそうです。
ナチュラルな空間に絵画を立てかけているようなイメージのドアです。
カラフルですが、トーンが落ち着いているため家の雰囲気を壊しません。白が貴重のナチュラルな空間に、絵本のような色使いが映えます。

アンティークドアをセルフペインティング

奥さまの好きな“フレンチシャビー”の世界観を実現したリノベーション。
床や壁、ドアも白塗装で合わせて、パリのアパルトマンのような仕上がりです。

光を取り込むためのオリジナルドア

南に大きく開いた窓の外に公園が広がる、抜群の眺望が贅沢なビンテージマンションのリノベーション。大きな窓からの光を部屋の隅々まで取り込むために、ガラス壁や透過性の高い建具を採用しました。

オリジナルスライドドアは足場板とアイアンの組み合わせ

ウォールナットカラーの木素材が、床や天井、家具に使われているリノベーション。
足場板とアイアンを組み合わせたスライドドアは取手にもこだわり、とても印象的なドアになりました。

機能性と空間美を意識したガラス引き戸

レトロな書体で部屋番号が描かれているヴィンテージマンションリノベ。
リビングと寝室を分ける黒枠とガラスで制作したオリジナル引き戸は、閉めている時でもゆったりとした広い空間を感じることができます、白い部屋に黒!メリハリのある洗練された印象です。

北欧テイストの引き戸

北欧デザインが好きな夫婦の住まい。
ダイニングとリビングを分ける引き戸は、オリジナルデザインのものを採用。空間と家具がとてもシンプルなので、それぞれが引き立て合って他にはない空間になりました。

柔らかく光を通す引き戸

住んでいるマンションを解体からフルリノベーションした夫婦の住まい。
二人の趣味であるダンスの練習を家でしたいということで、段差を無くし広々としたワンルーム空間に。天井までの襖は、閉めた時にも柔らかく光を通します。

すべて引き戸に

築18年のマンションフルリノベーション。
出入り口は全て引戸にしています。開放することで全ての部屋がつながり、使いやすく機能性が向上。感覚的にも広がりを感じます。

壁一面 グレイの引き戸

小さな子供のいる家族の住まい。
床の木目と白いタイルのコントラストが印象的。ダイニングテーブルの向こうのグレイカラーの引き戸は収納の扉です。その他、ランダム模様の木製ボードや黒枠の室内ガラス窓など、メリハリのあるインテリア素材を採用。
いかがでしたか?
あまり考えずに選んでしまいがちな室内ドアですが、お部屋の雰囲気に合わせて色々選んでみるのも楽しそうですね。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

リノベーション向き物件探しが得意な会社

リノベーションをするために物件を探している方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る