2015年09月05日更新

リフォーム・リノベーション(専門家紹介)

使い続けられる住みよい空間を共に考えてくれる『 リノベーション会社 YLANG YLANG 』

シンプルだけど殺風景ではない、オシャレな空間を提供してくれるこちらの会社は、名古屋にあるYLANG YLANG (イランイラン)。
インテリアデザインを主とするので空間作りは抜群です。そこに住む人の事を考え創造される空間は、女性的な感性と男性的な感性をバランス良く取り込み、いつまでも使い続けられる住みよい空間を一緒に考えてくれます。


Y house

床のデザインが特徴的な、シンプルで居心地良さそうな開放感あふれるLDKです。
飾り棚のある壁面は白ではなく優しいカラーを使い、部屋の雰囲気と合わせています。

Y house (リビング)

清潔感あふれるキッチン。白いタイル壁にナチュラルな雰囲気のシステムキッチンが空間を演出してくれます。

Y house (キッチン)

「クローゼット」と言うには素敵すぎる、黒縁のガラス間仕切りを採用したブティックのような空間です。

Y house

M house

大きな柱と梁を敢えてコンクリート打ちっ放しのままにし、ハードな部分を見せつつも優しい色使いであったり、丸みを帯びたインテリアでどこか柔らかいイメージを与えてくれる、まさに女性の感性と男性の感性が絶妙に混ざり合った空間ではないでしょうか。
ハードな印象を受けつつも、心安らぐノスタルジックな雰囲気のお部屋です。

M house (リビング)

キッチン台が広いので使い勝手がよさそうです。

M house (キッチン)

玄関のアクセントとなっているグリーンのルーバー扉。大容量の収納になっています。リビングとはまた異なった雰囲気づくりになっています。床を濃い目にすることで落ち着きのある空間になっています。

M house

K house

スポットライトをたくさん使ったリビングダイニングです。
インテリアデザインというだけあって、やはり一つ一つにこだわりを持つと部屋の雰囲気が格段に良くなります。大きな木箱のようなキッチンカウンターも魅力的ですね。

K house (リビング)

シンプルになりすぎてしまう場所にはさりげなくアクセントとなるタイルを。ポイントがあるだけで、空間が引き締まりますよね。

K house (キッチン)

外から見えるストライプのは”寝室”です。
室内黒縁ガラス窓を使用し、圧迫感のない寝室になっています。

K house


この記事を書いた人

slifeさん

以前、内装工事・造作家具などの仕事に就いておりました。
インテリアへの興味は尽きることなく、また、常に進化し続ける素材に感心する日々です。

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • ENTRANCE1
  • 玄関収納
  • リビング
  • LDK
  • 趣味スペース-オーディオ

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問