2017/06/26更新1like3488viewhatamama8

目の高さ以上にある、センスのある観葉植物の飾り方

グリーンは疲れた心に癒しを与えてくれる素敵なアイテムです。できれば、部屋に入った時や天井を見上げた時にも視界に入るよう、高い位置にもセンス良く飾りたいですよね。そこで今回は、目の高さ以上ある観葉植物の飾り方をまとめてみました。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

台の高さを変えて

低い鉢に入ったグリーンでも高さのある台に置けば、存在感が増し遠くからでも視界に入ります。大きな観葉植物であればなおさらインテリアの中心的存在になりますね。また台の高さを変えることで、空間をまんべんなくグリーンで彩ることができます。
小さなグリーンは床に直置きするとあまり視界に入りませんが、このように棚に並べることで鑑賞しやすくなります。シンプルな白い壁が沢山のグリーンで埋まり、華やかな空間に。
グリーン専用の台を設けなくても、小さなグリーンなら空間の余白に飾っておくことができます。こちらのキッチンは吊り棚はもちろん、コンロ横の棚やダクト上にも置いてあり、グリーンに囲まれた素敵な空間になっています。

吊り下げる時の工夫

ブリキのバケツに入ったグリーンはキッチンの壁に吊り下げられています。前に突き出たようなグリーンは、正面からだけでなく側面からみてもボリュームがありますよね。背景の黒板塗装により、グリーンの緑が鮮やかに写ります。
こちらはポットの底に穴をあけ、逆さにして吊り下げられています。ツルのように垂れる植物ではなくても、下向きに飾ることができますね。

壁付けのプランターボックス

木製のプランターボックスが取り付けられた壁。これなら味気ないポットでも箱で隠すことができ、おしゃれにグリーンを飾ることができます。壁付けにすれば、スペースをあまりとらずに、空間をグリーンで華やかにできますね。
下に向かって垂れるグリーンの特性を活かし、バスルームに隣接したリビングの窓上にプランターを設けています。グリーンが伸びることでバスルームからも眺めることができ、またどんどん伸びれば、ナチュラルなグリーンカーテンの目隠しが完成します。

思わず見上げたくなる頭上に

天井につくられたパーゴラ。テラスなど屋外では見かけますが、室内に作ってしまうなんて斬新ですよね。こたつに寝ころんで天井をみると、グリーンが視界に広がります。
吹き抜けに面した2階部分に沢山のグリーンが飾られ、自然とみずみずしい緑に目が行きます。透過性のある屋根からは自然光が注がれ、室内にいながら木漏れ日の中にいるような気分になれそうです。
葛川かおる「『外・〈外〉・《外》』家の中に家がある!」
なんとなく床に置いていたグリーンも高い位置にすることで、今までとは違った魅力を発見できるかもしれません。グリーンを室内に置いただけで満足せず、置く場所や見え方も色々と考え、癒される空間づくりをしたいですね。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

リノベーション向き物件探しが得意な会社

リノベーションをするために物件を探している方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る