2015年08月30日更新

おしゃれな部屋事例(キッチン)

キッチンが我が家の主役♪家族が集まるオープンキッチン7選

家族がゆっくり団欒する場所といえばリビングが基本ですが、最近ではオープンキッチンが主流になってきているため、リビングとキッチンは切っても切れない関係です。自然と家族が集まりやすいキッチンを作れば、毎日の料理も苦にならず、家族との会話も増えるかもしれませんよ。


真っ先に目に留まるキッチン

ほっこりとしたナチュラルカラーが印象的なキッチンは、リビングの一番目立つ場所に配置されています。ひと続きのダイニングも一部が床上げされているため、椅子と床の好きな方を選んで座ることができます。

リノベーション会社:リノベーションスタジオKULABO (クラボ)「キッチンが出迎える家」(リノベりす掲載)

ギャラリースペースのあるキッチン

気に入ったデザインの雑貨や本を飾ることもできるギャラリースペースのあるキッチンなら、リビングのインテリアにすんなりと溶け込みます。かわいい雑貨があれば自然と目が行くので、お客さんが来た時にもキッチンに近寄りやすいです。

凹凸の集い

土間キッチン

ソファーのあるリビングから見ると、床が一段低い土間に位置しているキッチンです。床の高さが違う分、料理中の手元などが見やすく、キッチンに立つ人とソファーに腰掛ける家族とでちょうど視線が合うのでコミュニケーションも取りやすくなっています。

西谷の家

見通しの良いキッチン

リビングの入口横に配置されたキッチンは、白い壁に溶け込むようなステンレスで圧迫感がなく、窓から差し込む日差しで明るく見えます。リビングを見渡すことができるため、すぐに家族の様子がわかり、料理をしながら団欒に混ざることも可能です。

ラフ&シンプル

4メートルの長いキッチン

シンクとダイニングが一体化したキッチンは4mもの長さがあり、作業台代わりにもなるので非常に使いやすくなっています。仕切りを作らないことで他の人が料理に参加しやすいという利点もあり、オープンキッチンの魅力を最大限に引き出しています。

使い込まれた風合いと、使い心地を両立

リビングの中心にあるキッチン

料理番組に出てくるようなおしゃれなキッチンは、まさにリビングの中心に配置されています。左右から作業スペースに入ることが出来る上、ダイニング側に立って料理を手伝うこともできるので自然と人が集まりやすい作りになっています。

料理番組のようなキッチンに!-azur mu-

テーブルと一体化したキッチン

テーブルがキッチンに組み込まれているデザインなら、食事を待つ家族と会話を楽しみながら準備することができます。作った料理をすぐにテーブルに出すことができるので無駄な動きをすることがなく、作業の効率化も図れますね。

リノベーション会社:株式会社 アレックス「玄関を入るとすぐ「自慢のキッチン」がある家」(リノベりす掲載)


この記事を書いた人

Meruさん

賃貸でも出来るセルフリノベーションとマイペースに格闘中。
カフェ風や男前インテリアが好き。

最近お気に入りされた事例写真

  • ベッドルーム+バス3
  • 吹抜
  • 南麻布の家 寝室
  • 子供室
  • 吹き抜け

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問