2015年07月09日更新

おしゃれな部屋事例(ベッドルーム)

夜を快適に。〜最高の睡眠を堪能できるベッドルームの工夫7選〜

人間は一生のうちにどのくらいの時間を睡眠に使っているのでしょうか?
人の一生を80年とすると、睡眠時間に使う時間というは一回の睡眠が8時間くらいだとして、その3分の1から4分の1くらいだと言われています。年数にすると、20年から25年くらいの時間を睡眠に使っていることになります!
そう考えるとベッドルームの重要性が身に染みてきますよね。
朝起きて「あー、気持ちよく眠れた!」と思える快適ベッドルームを紹介していきます。


ホテルライクなベッドルーム

ベッドの中でテレビを見ながらうつらうつら、、、至福のひと時ですよね。頭をあげたりしなくてもテレビを楽しめるように、天井からテレビを吊るしちゃうのはいかがですか?

和の趣にこだわり抜いた実家リノベ

大都市のラグジュアリーホテルな感じのベッドルームです。照明に気を遣うのと(ベッドの両脇と、足元にも照明を設置するとホテルっぽくなります。)ベッドカバーやクッションをダークな色の重厚な感じのものを選ぶと、ラグジュアリーホテルっぽくなりますよ。優雅な時間を過ごせそうです。

名古屋ステーションアクシス

こちらはモロッコ風のベッドルーム。日本のマンションをリフォームしたのですが、ここまで異国風にすることもできるなんてリノベーションってすごいですね!

キッチュな色使いと伝統的な技術でつくる、モロッカンな家

外の眺めが素敵なベッドルーム

目を開けたら木々の緑が目に飛び込んでくるなんて素敵ですよね。こちらは中庭に面して作られたベッドルームなので、他人の目を気にすることなく、外の光を感じながら目覚めることができます。

PATIO

こちらの事例はものすごい開放感です!天井も高く、一面窓というまるで屋外に寝ているかのような自然と一体となった開放感が味わえるのではないでしょうか。

STONE TERRACE

上の二つに比べたら見られる景色は小さいですが、ベッドの真上に窓があって、夜は星、昼は光を楽しめるアルプスの少女ハイジ気分になれそうな寝室です♪

U邸・南欧の田舎家にあこがれてゆったり暮らす

あまり人目がきにならないであろう、木に囲まれた別荘の寝室です。正面だけではなく、サイドにも窓を配して自然の美しさを堪能できるようになっています。こんな別荘で目覚めたら日頃の疲れも吹き飛びますね!

Y山荘


この記事を書いた人

villekullaさん

関西在住。北欧、特にスウェーデンが大好きで我が家はスウェーデンインテリアを取り入れまくっています。手作りの物で家をディスプレイしたくて北欧の手工芸を色々と習っています。雑貨探しに街に出ることも大好き!梅田や神戸をよくうろついています。

最近お気に入りされた事例写真

  • LDK-1
  • 赤坂の家 バルコニー
  • シンプルな製作キッチン
  • 玄関
  • キッチン

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問