2015年06月16日更新

インテリア(壁/床) , インテリア(壁/床)

リフォーム・リノベーションで人気!【天然素材を使った壁材】調査しました!

漆喰や珪藻土など、昔から使われてきた素材を使用した壁が人気を集めています。
建築やリノベーションの際には、これまで一般的に使われてきたビニールクロスではなく、天然素材を指定する人が増えています。
一口に天然素材といっても、様々な種類がありますが、今回は、よく使われている壁材とその特徴をご紹介します。


1.漆喰(しっくい)

漆喰とは、日本特有の塗壁材で、消石灰に砂・海藻のり・すさを混合して水で練ったもの。壁や天井の仕上げに使用されます。次に説明する珪藻土と比べると、表面は滑らかでさらっとしています。

> この住宅のすべての情報を見る

地中海のホテルに滞在しているような異国情緒ある空間。

> この住宅のすべての情報を見る

2.珪藻土(けいそうど)

珪藻土とは、植物性プランクトン(藻)が化石化したもので、昔から火に強い土として七輪、コンロ、耐火断熱レンガの原料として使用されてきました。現在は、ビールやお酒のろ過材としても使用されています。主成分はガラスと同じ珪酸質で、無数の孔があいている超多孔質。「呼吸する素材(調湿性)」という特性があります。
漆喰と比べると、表面はざらざらしています。

> この住宅のすべての情報を見る

薄いピンクの珪藻土を使用した子供部屋。

> この住宅のすべての情報を見る

3.中霧島壁、チャフウォール

南九州の火山噴火物(火山灰など)シラスを使った「中霧島壁」や、ホタテを使った「チャフウォール」など、近年注目を集めている塗り壁材もあります。

> この住宅のすべての情報を見る

4.珪藻土クロス

塗り壁はコストがかかるのでちょっと・・・という場合、手軽に使用できる壁材に「珪藻土クロス」があります。こちらはクロスと同様に施工することができます。天井に使用する場合も。

> この住宅のすべての情報を見る

5.紙クロス

日本ではまだあまり一般的ではありませんが、紙素材のクロスもあります。
欧米ではDIYリフォームが普及していますが、イギリスなどでは壁紙を剥がさずにどんどん上に重ねて貼っていく場合もあるのだとか。水周りなどには向いていませんが、普通の壁紙にはない柄が魅力です。

> この住宅のすべての情報を見る

使用する際は、十分に打ち合わせを。

塗り壁は、色や仕上げに多くのバリエーションがあるので、楽しみながら好みのものを探してみましょう。
なお、塗り壁については、左官職人の技術で仕上がりが左右されることもあります。
どんな仕上げにしたいのか、サンプルを確認するなどして、事前にしっかりと打ち合わせをしましょう。
施主がDIYで施工する事例も増えています。家族みんなで壁を塗れば、ちょっとくらい失敗したとしても良い思い出になりそうですね。


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

Noriko Kanauchiさん

建材からインテリア小物まで、建物に関連することが大好きです。
固定資産税の元になる家屋評価に関わる仕事をしていた経験があります。
知識を生かしてこれから住宅を建築されるかたのお役に立ちたいと思います。

最近お気に入りされた写真

  • 緑を取り込むスタディースペース
  • ベッドルーム
  • 空と海とバルコニーの繋がり
  • 広々としたルーフテラスに面した大きな空間のLDK
  • リビングとキッズスペースのつながりと仕切り

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか

連載記事

心地よい暮らしのレシピ

心地よい暮らしのレシピ

「心地いい暮らし」、よく聞くフレーズですが、本来「心地よさ」とは人それぞれにあるものです。では、自分にとっての心地よさとはどうやって見つけたらいいのでしょうか? この連載では、「心地よい暮らし」を実現するために、自宅をセルフリノベーションし、家具などもDIYで作るという、料理研究家の太田みおさんに、「心地よい暮らし」のヒントを教えていただきます。