2015年08月26日更新

おしゃれな部屋事例(リビングダイニング)

コンパクトでも過ごしやすいリビングを作る7つのポイント

リビングは広ければ広いほどゆったり過ごせて快適だという印象があるかもしれませんが、決してそんなことはありません。コンパクトなサイズでも間取りや家具の選び方によって面積以上に広く感じさせることもできますし、落ち着ける空間を作ることができます。素敵なリビングを持っているお宅はどんな点が特徴的なのか、7つのポイントをご紹介いたします。


ナチュラルカラー

膨張色である白を基調にすることよって、空間に広がりが生まれます。ポイントになる色もカーキやブラウンなどナチュラルなものを使用しているので、ほっと落ち着く癒しのリビングになっています。

H邸・白のハーモニーで作る二人のこだわり空間

おこもり感

思わずその場に留まってしまいたくなるような、おこもり感溢れるリビングも素敵です。床に高低差をつけることでソファースペースが囲まれ、他からの視界が遮られることでより安心感を感じられます。

たまらん坂の家

陽がよく入る

日差しがよく入るとリビングも明るくなり、爽やかな心地よさが感じられます。また、カーテンを天井の一番高いところから下げることによって縦のラインが強調され、天井が高くて部屋も広く感じるという視覚効果が生まれます。

中庭のある家

くつろぎのラグ

リビングに柔らかな肌触りのラグがあれば、床の上でごろごろと転がって癒しの時を過ごすことができます。芝生のように見えるグリーンのラグはおしゃれで人気も高く、癒しを感じさせる色なのでくつろぐにはぴったりです。

SOU (リノベーション)

ゆったり座れるソファー

リビングに家具をたくさん入れてしまうと狭くなってしまう…という心配があるかもしれませんが、お気に入りの居場所を作るというのも大切なポイントです。大きなソファーがあれば自然とくつろぎスペースも定まり、リラックス感を得られるようになります。

お部屋の魅力を存分に引き出す_中古マンションペイントリノベーション

背の低い家具を使う

大きな本棚など自分の背より高い家具を置くと圧迫感が出てしまいますが、背の低い家具を意識して使用することによって部屋全体の重心が下がり、コンパクトな間取りでも広く感じさせることができます。

コンパクトだけどゆったりした家

外の景色を取り込む

家の大きさ自体は変えることが出来ませんが、リビングをガラス貼りにして外の景色を取り込むことで、実際の面積以上の広さを演出することもできます。コンパクトでも開放感があれば、ゆったりと心地よく過ごすことができそうです。

『蒲郡・西浦の家』時間がゆったり流れる寛ぎの平屋住宅


この記事を書いた人

Meruさん

賃貸でも出来るセルフリノベーションとマイペースに格闘中。
カフェ風や男前インテリアが好き。

最近お気に入りされた事例写真

  • 階段3
  • テラス
  • コンロ&オーブン
  • リビングダイニング
  • 外観

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問