2016/12/24更新1like14976viewchoko

リビングのソファだけじゃない!我が家のくつろぎスタイル大公開

近年のリビングスタイルといえば、テレビの前にソファを置くというのが一般的。でも、ひと昔前は畳敷きの居間にテレビと和室用テーブルを置くのが当たり前だったりと、そのスタイルは変化していくものです。ここでは、それぞれの家のくつろぎスタイルにこだわった今どきリビングをご紹介します。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

キッチン、テーブル、畳を一直線に配置

こちらのお宅のくつろぎスタイルは、ズバリ「居酒屋」!ご夫婦とも仕事の後や週末に友人を招いて、家でのんびりお酒を飲むのが楽しみだそう。キッチンからテーブルをひと続きにしたり、畳は小上がりにして、畳に座っても椅子と同じテーブルにつくことができるなど、晩酌を楽しむ工夫があふれています。

ベンチスペースと床を組み合わせて

椅子座のダイニングと床座のリビング。ダイニングとリビングに座っている人の目線が近くなるようにリビングが一段上がった造りになっています。4人の子どもたちと一緒にくつろぐにも大勢のお客さまを迎えるにも最適な空間です。

和室とカウンターキッチンをひと続きに

カウンターキッチン前のリビングダイニングを掘りごたつのある小上がり和室にした、こちらのお宅。和洋両方の良いところを合わせた和モダンな空間です。

昔ながらの畳リビングを今どきに

ゆったりくつろぐならやはり床座中心の生活がいちばん。とはいえ、テーブルと椅子もないと不便なのも事実。畳スペースに段差をつけて、ダイニングテーブルをうまく組み込み、使い勝手よく仕上げています。

小上がりを大きなソファのように

リビングの片隅に設けた小上がりにマットを敷き、クッションをたくさん並べたら、まるでソファベッドのよう。段差部分が収納になっているので、そこを本棚にすれば居心地のいい読書スペースのでき上がりです。

土間をリビングにして

海外生活の経験がある施主の希望するライフスタイルは、玄関とリビングを兼ね備えたような空間で土足で生活するスタイル。もともと和室だった場所をエントランスリビングとしてくつろげる空間にしました。お客様とここでおしゃべりしたり、テラスのように使うこともできます。

中庭で星空を眺めながら

薪ストーブのあるこだわりのリビングからひと続きになっているのが、この中庭。建物に囲まれているので、外からの視線が気にならないのも嬉しいところ。天気の良い日には、ここでお酒を飲みながらまったりと過ごすこともできますね。
お気に入りに追加

SUVACOは、自分らしい家づくり・リノベーションをしたいユーザーとそれを叶えるプロ(専門家)とが出会うプラットフォームです。

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

会員登録を行うと、家づくりに役立つメールマガジンが届いたり、アイデア集めや依頼先の検討にお気に入り・フォロー機能が使えるようになります。

同じテーマの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る