2018/10/13更新0like1370viewNaomi.Spring

くつろぎの時間を演出する「照明」のすすめ

快適な住まいづくりに欠かせないのが「照明」です。デザインや光の質にこだわれば、くつろぎの時間を演出できます。今回は、空間をドラマティックに彩る照明と、素敵な取り入れ方を部屋別にご紹介します。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

リビング照明1:広々としたリビングにはダウンライトを

ダウンライトは、天井埋め込み式の照明。小型で天井に埋め込まれているため、照明の存在を感じさせずさり気なく空間を照らします。

こちらのお宅では、20畳の広々としたリビングダイニングにダウンライトを散りばめ、雰囲気のある空間をつくっています。

リビング照明2:優しい光を届けるコーブ照明

コーブ照明とは、天井のくぼみの裏側に光源を設置し、上向きに照らす照明です。
天井面を照らした光が反射して、優しい光を届けます。

ダイニング照明1:シャンデリアで上質感のある空間づくり

点灯しても消灯してもきらきらと光る、ジュエリーのようなシャンデリア。ほかの照明にはない、華やかさと上質感を演出できる照明です。

こちらのお宅では、クラシカルなダイニングのアクセントとしてシャンデリアを取り入れています。エレガントな雰囲気が大人の空間を生み出しますね。

ダイニング照明2:2つのペンダントライトがアクセントに

ペンダントライトは、ダイニングテーブル上に設置するのに最適な照明。

同タイプのペンダントライトを2つ並べれば、光の量を調節できるだけでなく見た目もおしゃれ。ダイニングに取り入れる際は、食事がおいしそうに見えるよう、演色性に優れた温かみのある光を選びましょう。

寝室照明1:1室多光で光の調節を

寝室では部屋全体を照らす照明のほかに、スタンドライトなどで補助照明を設置するのがおすすめ。
1室多光で光の調節ができれば、くつろぎの空間がつくりやすくなります。

寝室照明2:間接照明もおすすめ

質の高い睡眠環境をつくるために、照明は大切な要素です。
寝室では、ホテルの室内のような落ち着いた雰囲気の照明が理想的。空間を直接照らさず、柔らかく光を届ける間接照明は寝室に最適です。

浴室照明:優しい光を多用して

1日の疲れを癒す浴室は、心地よい時間を過ごすためにも照明選びがポイントになります。

こちらの別荘では、ダウンライトや間接照明を多用して、優しい光を分散させることでくつろぎの空間を生み出しています。
ライフスタイルに合わせた照明選びは、暮らしやすさに繋がります。あなたも照明選びでは、光の色味や照らし方にこだわってみませんか。くつろぎの時間は、優しい光が運んでくれますよ。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

リノベーション向き物件探しが得意な会社

リノベーションをするために物件を探している方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る