2018年01月26日更新

おしゃれな部屋事例(リビングダイニング)

ホテルライクなリビングにする10のインテリアデコレーション術

まるでホテルのようにすっきりとしたリビングルームも素敵ですよね。そんなホテルライクなリビングルームをつくる上で気を付けるべきこととは。今回はホテルのように洗練されたお部屋をご紹介。実例を見ながらホテルライクなお部屋づくりを考えてみませんか?

3 お気に入り追加 79120view

生活感のなさがホテルライクを醸し出す

当たり前ですが、まずはなんといっても掃除がお部屋の隅々まで行き届いていること。目に見えるところには厳選された必要な物だけを置き、あまり生活感を見せないことがホテルライクなお部屋づくりに必要なポイントです。

> この住宅のすべての情報を見る

二世帯住宅のモダンなインテリアを取り入れた子世帯のエリアです。
広いリビングダイニングには、床や壁、間仕切り柱の素材に特徴あるものを使い、非日常的な印象の特別な空間となっています。

> この住宅のすべての情報を見る

すっきり感がホテルライクを演出

すっきりとしたソファや壁、天井まで真っ白なインテリアで統一されたお部屋。全体的にすっきりとまとめることで、ホテルのような洗練された雰囲気に仕上げられます。

> この住宅のすべての情報を見る

ハイサイドライト、ダウンライト、ペンダントライトを使い分けて、季節や時間の移り変わりを楽しむことができる機能的ですっきりとした設えとなっています。

> この住宅のすべての情報を見る

シンプルなソファで高級感を出す

こちらのお部屋はまるでスイートルームのよう。今まで見てきた例もそうですが、ホテルライクなお部屋づくりのポイントはソファに無地、もしくは目立たない柄を選ぶことかもしれません。

> この住宅のすべての情報を見る

新築販売時の、限られた範囲で選ぶオプション工事ではなく、プランの自由度が高くリーズナブルな価格で住まい手の理想を実現することができる、専門家へ依頼した新築リノベーションです。

> この住宅のすべての情報を見る

モノトーンでインテリアを構成してみる

白い壁や黒い扉に始まり、ソファは白、テーブルは黒といった具合にお部屋全体をモノトーンで構成しています。テーブルライトもシンプルな白いものをチョイス。その一方で天井から吊るされたシャンデリアがワンポイントアクセントになっています。

> この住宅のすべての情報を見る

モノトーンのインテリアですが、バルコニー面が全て窓となっているため、自然光が降り注ぎます。

> この住宅のすべての情報を見る

アートを飾る

壁には何も掛けない、あるいは大胆な大きさの絵を何枚か掛けると、ホテルのような生活感のないお部屋に仕上がります。また,このようにアート系の大判の本をテーブルの上に置いておくのもホテルではよくありますよね。

> この住宅のすべての情報を見る

リビングダイニングには天井までの書棚があり、ソファの後ろには絵がかけられています。廊下は主動線であると同時にギャラリーであり、壁のニッチに展示された白磁が日々の生活に優美さと張りを与えてくれます。

> この住宅のすべての情報を見る

照明にもこだわりを

ペンダントライトが印象的なリビング。ホテルライクなリビングといっても、全てがシンプルだとどこか味気ない部屋になってしまいます。この事例のように、ソファやテーブルはシンプルなものを選びつつ、照明にはこだわってみるのも一つの手ですよ。

> この住宅のすべての情報を見る

まるで、ヨーロッパのアートホテルのように、大開口からの自然光と、個性的な照明器具がとても素敵です。

> この住宅のすべての情報を見る

ユニークなラグもホテルライクアイテム

ちょっとユニークな柄のラグ。テーブルの上には物をほとんど置かずにすっきりと見せています。印象的なラグではありますが、色味はテーブルや周囲の床と上手く組み合わせられるものをチョイスしているので、周りから浮きすぎることはありません。

> この住宅のすべての情報を見る

この赤いラグマットは、遊牧民の絨毯 「ギャッベ」。
床で過ごす時間の多い日本の暮らしにとても相性がよく、居心地抜群です。

> この住宅のすべての情報を見る

天井もすっきりと

ホワイト×ウッドで全体が構成されているリビングルーム。間接照明を巧みに活用しています。ここで注目したいのが空調設備。天井に埋め込む形のエアコンを使用することで天井をすっきりと見せています。設備の更新をしづらいという欠点はありますが、それでもホテルライクなリビングを実現するためには欠かせないポイントです。

> この住宅のすべての情報を見る

キッチンカウンターの間接照明とあわせてリビングをシンプルですっきりとした空間にしています。

> この住宅のすべての情報を見る

壁の存在感のバランスが鍵

レンガ調タイルの壁と白く塗装されたシンプルな壁が連続しています。レンガ調タイルの壁の存在感が強い分、シンプルな壁は素っ気なく見えてしまいがちですが、このリビングでは、インパクトのある絵を掛けることでシンプルな壁にも存在感をもたせています。

> この住宅のすべての情報を見る

部屋ごとにテーマを分け、ヨーロッパ(パリ)、アジアン、和を取り入れました。マンションとは思えない仕上がりとなっています。

> この住宅のすべての情報を見る

ホテルのように掃除はこまめに...

最後に大事なことを。それは、とにかく掃除を怠らないということです。ここでも掃除が行き届いていてお部屋がすっきり見えますし、ソファは無地のものが選ばれています。いかに生活感を見せないか、やはりこれがホテルライクに見せる一番のポイントです。

リノベーション・リフォーム会社:リノベーションカーサ「ホテルライクなモダン空間(リノベーション)」

吹抜けや間接照明ライン照明ですっきりとした天井を作り、白い印象のリビングダイニングはキッチンや階段の素材でメリハリのある空間となっています。壁付けのテレビや家具で、隅にも掃除の手が届きます。

> この住宅のすべての情報を見る


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた写真

  • センスが光る洗面台
  • LDK
  • WC
  • フィッティングルーム兼用のウォークインクローゼット
  • キッチン

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか