2017年05月14日更新

注文住宅(HOW TO)

【家づくり体験レポ】住んでみて「これはよかった!」と思った3つのこと

家づくりをしていると、こっちがいいのか、あっちがいいのか、悩みすぎてもはや何がいいのか分からなくなってきます。それが正解なのかどうなのか、結局住んでみないと分かりませんよね。なのでこちらでは、実際に住んでみて「これはやってよかった!」と個人的に満足している点をご紹介したいと思います。


黒っぽい外壁は汚れも経年劣化も目立たない!

落ち着いた外観にしたかったので、外壁は黒っぽい塗装仕上げにしました。これは本当に正解でした!理由は本当に汚れが目立たないこと。特に手入れを熱心にしているわけではないのですが、あまり経年劣化を感じません。

> この住宅のすべての情報を見る

そして単純に黒い外壁はシャープでかっこいい!

> この住宅のすべての情報を見る

個人的には夜、黒い建物から暖かい色味の光が漏れているのを見るのが好きです。切り絵のような影絵のような、ちょっとしたファンタジーさを感じます。カーテンが派手だったりするのも好きですね。

> この住宅のすべての情報を見る

見るたび幸せな、好きな色味の壁

予算の都合で白いビニルクロス、塗装部分、輸入壁紙部分が混在している我が家。塗装している部分も壁紙もはっきりとした濃い色味です。これらも白いビニルクロスに比べて汚れが目立たない!壁紙はホコリは目立ちますが、それは手入れも簡単です。白いビニルクロスは汚れが目立ちやすいので、消しゴムがかかせません。

濃い色味は圧迫感があるかと心配していましたが、全く感じません。むしろ好きな色を見るたびにいつもちょっと幸せです。

> この住宅のすべての情報を見る

洗面所やトイレなら派手なものも試しやすいと思います。我が家も派手な原色です。水はねや湿気がどうかと心配していましたが、これも全く問題なし。

> この住宅のすべての情報を見る

旗竿地という立地

敬遠される理由が分からない程、旗竿地でよかった!と日々思っております。予算も少なくすみますし、プライベード感もある。何よりも長いアプローチ部分を自由にデザインできます。私は多肉植物やハーブ、南国の木を植えてジャングルっぽく植栽しました。手入れは大変ですが、緑のアプローチを抜ける瞬間はやっぱり気持ちがいいです。新しい花を植える楽しみもありますし、子どももアプローチ部分で鉢植えの植物を育てはじめました。

ただ旗竿地を好きになったのは、立地的に隣がある程度抜けていて窮屈じゃない点と、車を止めるスペースがとれた点が大きいとも思います。

> この住宅のすべての情報を見る

個人的に、これは選択して良かったと思う点をご紹介しました。これから家をつくる方の参考になれば嬉しいです。理想の家づくり、楽しんでくださいね!

専門家紹介サービス

この記事を書いた人

fumioさん

家族が増えたため現在家の住み替えを検討中。。。

最近お気に入りされた写真

  • 黒い床のホール
  • ウッドデッキと吹き抜けで開放的なLDK
  • アンティーク扉のある寝室
  • 惹き込まれるアプローチ
  • シンプルな構成の洗面台周り

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか

連載記事

心地よい暮らしのレシピ

心地よい暮らしのレシピ

「心地いい暮らし」、よく聞くフレーズですが、本来「心地よさ」とは人それぞれにあるものです。では、自分にとっての心地よさとはどうやって見つけたらいいのでしょうか? この連載では、「心地よい暮らし」を実現するために、自宅をセルフリノベーションし、家具などもDIYで作るという、料理研究家の太田みおさんに、「心地よい暮らし」のヒントを教えていただきます。