2016年11月11日更新

おしゃれな部屋事例(バス/トイレ)

他の部屋から見える「ガラス張りバスルーム」メリットや注意点を探ろう!

高級ホテルなどで見かけることの多い、ガラス張りのバスルーム。海外インテリアのようなおしゃれな雰囲気があって素敵ですよね。しかし、実際に自宅に取り入れるとなると、他の部屋から見えちゃうけど大丈夫?お掃除は大変じゃないかしら?など不安や疑問も出てきます。他の部屋から見えるタイプのガラス張りバスルームにはどんなメリットがあるのか、どんな点に気を付けるべきなのか事例から探ってみましょう。


開放感がある

メリットの1つに挙げられるのが「開放感」です。バスルームは狭くて閉鎖感が出がちですが、隣室とガラス一枚で仕切ることで空間に広がりが生まれます。繋がっている部屋の景色を眺めながら入浴できるのも人気のポイントです。

ロフト・アパートメントのように

明るい空間

マンションの場合はバスルームに窓がないことも多いですが、壁をガラス張りにすることで隣室に射し込む光を取り込むことができます。ガラスを使用することで透明感のある清々しい空間を演出できるのも魅力ですね。

KEIDAS—光と風と緑があふれるオアシス

ホテルライクな高級感

ガラスは自然と高級感が出る素材なので、全面に配することでバスルームにも高級感が生まれます。ホテルライクなインテリアにもぴったりなので、日常と離れた優雅なバスタイムを過ごすことができます。

Vent Vert Nampeidai Penthouse

インテリアとして見せる

ショーウィンドウのようなバスルームは目立つので、他の部屋と繋げることでインテリアとして見せることができます。特に事例のように猫脚のバスタブなどを使用している場合は画になります。

リノベーション・ゼミナール「【やってみてどうだった?施主支給】施主支給マイスター・眞鍋さんのお宅を徹底ガイド(1)」(リノベりす掲載)

コミュニケーションが取りやすい

他の部屋と繋がっていることで、入浴中の家族とコミュニケーションが取りやすいというメリットもあります。特に小さいお子さんがいるご家庭では夫婦で連携してお子さんを入浴させたり、子供が水遊びしている時も隣室から見守ることができます。

『collina』多様な価値感を受け入れるシンプルな箱

お手入れには気配りが必要

ガラスは水垢がつくと汚く見えてしまうので、入浴後はガラスをタオルで拭いたり、ガラスワイパーを使って水分を落したり、小まめな掃除が必要になります。一般的なバスルームよりは気を遣うので、そこは注意が必要です。

一度は都心に住みたい 南青山リノベーション

プライバシーを確保するための対処法

いくら家族といえど入浴シーンを見られたくなかったり、来客があった時はバスルームがオープンなのは困ります。こちらの家ではそんな時のために、天井にカーテンレールが取り付けられています。これならいざという時はバスルームを覆い隠せます。

大倉山のマンション_リノベーション

隣室に間仕切りをつける

こちらは和室からイエローのガラスを使ったバスルームが見える間取りなのですが、この和室はリビングと間仕切ることができます。

『ハイサイはうす』素材感、質感を生かすマンションリノベ (スタイリッシュなLDK-障子戸open)

このように必要な時は戸を閉めてしまえば、バスルームの開放感も損なわずプライバシーを守ることができるので、バスルームと繋がる隣室に工夫をするのも一つの方法です。

『ハイサイはうす』素材感、質感を生かすマンションリノベ

ガラス張りのバスルーム事例をご紹介しました。住む人によって向き不向きはありますが、非日常感やおしゃれな空間を楽しめるのはやはり魅力的ですね。

この記事を書いた人

Meruさん

賃貸でも出来るセルフリノベーションとマイペースに格闘中。
カフェ風や男前インテリアが好き。

最近お気に入りされた事例写真

  • 小さな森のアトリエ_LDK2
  • 中庭のある親世帯リビング
  • 中庭につながる子世帯リビング
  • 仕事部屋
  • キッチン1

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問