2016年07月30日更新

インテリア(カラーコーディネート)

涼しげカラーで夏を乗り切れ!

今年もまた暑い夏がやってきました。
湿気の多い梅雨時期も憂鬱でしたが、快晴のうだる様な暑さに身も心もクタクタになりそうです。そんな時は空調はもちろん、見た目にも涼しさを感じられる空間にしておきたいですよね。
ブルー系やホワイトなど、爽快感のあるカラーを空間に取り入れて暑い夏を乗り切りましょう!


玄関を開けたら

玄関にある巨大なシューズクローゼットは淡いブルー。茹だるような暑い外から帰宅して、涼しげな淡いブルーが目に入ったら、なんだかほっとしますよね。

> この住宅のすべての情報を見る

火を使うキッチン

夏場の家事で一番嫌なのは、火を使う料理です。暑い日に熱いコンロの側には近寄りたくないですよね。そんなキッチンこそ涼しい色合いにしておきたいものです。ブルー系のタイルでコンロをぐるりと囲めば爽やかで涼しげな印象になり、コンロ前に立つのも苦にならなくなるかも!?

> この住宅のすべての情報を見る

水中にいるかのようなクローゼット

青がメインのウォーキングクローゼットにモビールがゆらゆら揺れている様は、まるで海の中にいるような気分にさせてくれます。これだけ青色の面積が広ければ、涼しく感じる視覚効果も高そうです。

> この住宅のすべての情報を見る

透明な青色のガラスボウル

ロイヤルブルーの洗面ボウルと一面ガラスブロックが清々しい化粧室。ほんのすこしのブルーでもガラスという素材の効果もあり、とても涼しげです。さらに、乳白色のガラスブロックは光を和らげ、太陽のギラギラした熱を感じさせず、明るい光だけを取り込んでくれます。

> この住宅のすべての情報を見る

小物も爽やかに

水色の壁が爽やかな子供部屋。棚も同じような色合いで統一すればさらに涼しげな雰囲気に。青や水色は集中力を増す色だそうです。子供部屋には是非使いたい色ですね。

> この住宅のすべての情報を見る

白い空間

白で統一された空間はやはり涼しさを感じられます。タイル張りの床も夏はひんやりと冷たく気持ちよさそう。シンプルで洗練されたリビングは、暑い夏でも快適に過ごせそうです。

> この住宅のすべての情報を見る

ロイヤルブルーのトイレ

トイレは小さな個室なので、意外と熱がこもり暑いですよね。そんなトイレも鮮やかなロイヤルブルーの壁にしてしまえば、涼しい印象を与えることができます。

> この住宅のすべての情報を見る


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

hatamama8さん

『帰ってきたくなる家』を目指して。

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか

連載記事

心地よい暮らしのレシピ

心地よい暮らしのレシピ

「心地いい暮らし」、よく聞くフレーズですが、本来「心地よさ」とは人それぞれにあるものです。では、自分にとっての心地よさとはどうやって見つけたらいいのでしょうか? この連載では、「心地よい暮らし」を実現するために、自宅をセルフリノベーションし、家具などもDIYで作るという、料理研究家の太田みおさんに、「心地よい暮らし」のヒントを教えていただきます。