2016年06月10日更新

雨の日を快適に過ごすためにどうしていますか?

梅雨シーズン到来です。じめじめした季節は家の中にいてもブルーになりがちですよね。
そんな時、どんなことをして過ごしていますか?
梅雨を少しでも楽しく過ごすためのアイデアを住宅事例から探してみました。
今回は、雨の日を快適に過ごすためのお家の知恵をご紹介します。


雨でも快適に過ごせる玄関ポーチ

玄関から出てすぐに雨がざーっと降っていると「出かけたくないな」という気持ちになりますよね。
そんな時、ひと息つける広めの玄関ポーチの存在は嬉しいものです。

シラハマノヒラヤ

外の様子を伺いながら、傘をゆっくりと広げたり、レインコートを着るスペースがあると気持ちにゆとりが生まれます。

中庭と水盤のある家03 既存RC擁壁をくりぬいて

雨でも快適なインナーテラス

1日の中で一番長い時間を過ごすリビング。主婦にとって雨の日は、洗濯や家事が億劫になりがちで、「今日はお買いものに行くのはやめようかな」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな時、ほっとひと息できるインナーテラスがあると気持ちが和みます。外に出なくても、外にいるような気分にさせてくれるので、ブルーな気持ちも吹き飛びます。

積窓居 Show Window House

リノベーションの際にインナーテラスを設けたお部屋。
雨の日の景観はノスタルジックな雰囲気で、いつもの街とは違う表情を見せてくれます。

インナーテラスのある最上階暮らし

こちらは半分外に面したインナーテラス。
梅雨時に困る洗濯物も、ここに干しておけば突然の雨に悩まされずに済みそうです。

内と外をつなぐ半屋外の開放的な空間

車庫へのアプローチを濡れずに快適に

雨の日のお出かけは専ら車派という方も、一度玄関から出て車庫へ向かう方が多いのではないでしょうか。そんな時濡れずに車に向かえるだけでストレスが軽減します。

インナーガレージならば、お出かけも買い出しもスムーズ。建物から建物への移動ならば、雨に濡れることなく移動できます。小さなお子さんや高齢者のいるご家庭ならなおさらですね。

デザイン住宅外観いろいろ

事例のように玄関から濡れずに車庫に出られるだけでもストレスが減ります。

A2-house「shell house」

雨の日を快適に過ごす知恵が住宅にもたくさんありますね。
ぜひ家づくりの参考にしながら、楽しい雨の日ライフをお過ごしください。

この記事を書いた人

klugさん

フリーライター。築30年の分譲マンションを昨年リフォームしたばかり。DIYを楽しみながら、夫と娘たち(一人とワンコ一匹)とのユニークな日々を過ごしています。

最近お気に入りされた事例写真

  • ベッドルーム3
  • ベッドルーム
  • LDK
  • 玄関
  • 螺旋階段上部-トップライト

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問