2016年08月22日更新

おしゃれな部屋事例(子供部屋)

~子供のための特別な空間~子供も親もハッピーになれる素敵な子供部屋を作ろう♪

家を建てる時、まだお子さんがいなくても子供部屋を作るケースが多いですね。どのようなお部屋だと子供が喜んでくれるでしょうか? 子供だけでなく、親もハッピーになれるような素敵な子供部屋作りのポイントを集めてみました。


自然素材の無垢材を使った床にする

さらさらした肌触りで素足になるのが気持ちいい無垢の床。ねんねの赤ちゃん時期やハイハイ時期はもちろん、大きくなっても夏は涼しく、冬はほんのり暖かいので快適です。ナチュラルな素材はアレルギーのあるお子さんにもオススメです。

武蔵増戸の家 / 郊外の庭家

親の目が行き届くようにする

子供部屋の壁を一面ガラス壁にするととても明るく、子供の様子も家事をしながら見ることができます。まだまだ小さいうちは一人で遊ぶより、大人の目の行き届くところで遊ぶ方が子供も安心ですね。

『houseS』光の間が家族間のコミュニケーションを育む家

勉強机もいいですが、スタディコーナーを作りつけにしてしまうのも一つの手です。子供が小さいうちはリビングで勉強することの方が多いでしょう。宿題を見ながら、親がパソコンを使ったりするワークコーナーとしても使えます。

木の家

遊び心を持たせる

壁に遊べるアクセントをつけるのはいかがでしょうか?最近子供の遊具として注目されているのが"ボルタリング"です。計画的に登るため思考能力がアップするほか、運動能力、筋力、バランス感覚を鍛えることができます。雨の日でなかなか出かけられない時にも、思う存分体を動かせるのでストレス発散もできますね。

ステージのある家

こちらの壁もボルタリングができるようになっています。体を動かすことが大好きな子供は室内アスレチックがあると大喜びです。ただの仕切りとしての壁ではなく、遊べる壁だと自慢のお部屋になりそうです。

Ym-House

アクセントウォールも目を引く遊び心の一つです。ぜひ子供に自分の好きな色を選んでもらいましょう!自分だけの特別な空間を喜んでくれること間違いなしです。

グリーン&洋書LIKEな空間

パーソナルスペースを設ける

小学校に入る頃から、子供は自分だけの特別な空間が欲しくなります。ロフトは子供だけが入っていい場所だと決めるのも良いですね。私たちも小さい頃、秘密基地を作ってわくわくした経験ありますよね!ロフトは目線も変わるため、いつもの部屋も違った雰囲気で楽しめるのでオススメです。

木造耐火でつくる木の住まい

こちらは造作のロフトベッドがある子供スペースです。もともとあった勉強机を下のスペースに入れることにより、半個室状態になるのでパーソナルスペースが確保できます。それぞれのスペースの間には"のぼり棒"という遊び心も楽しいですね!

S邸・のぼり棒付きの楽しいロフトベッド!

将来部屋を分けられるようにする

小さい頃は一緒に遊ぶことが多い子供も、思春期になると個室が欲しくなります。ドアを2つ設けておくと、間仕切りをするのもスムーズですね。子供が巣立った後はまた壁を取ってひと部屋にすることもできます。

奥沢の家~ルーフガーデンの家


この記事を書いた人

runa77さん

旅行大好き!読書大好き!料理大好き!
昔からショールームを見るのが好きでしたが、最近新築したので、インテリアや内装、外構などを自分好みにするのが楽しみです。
お洒落で、過ごしやすく気持ちの良い家づくりを目指したいです。

最近お気に入りされた事例写真

  • アトリエ
  • アプローチ
  • キッチン
  • 白を基調とした玄関ホール
  • リビングダイニング

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問