2015年08月08日更新

おしゃれな部屋事例(子供部屋)

成長してもずっと使える子供専用空間~実例集~

子育て中ならば一度は考える「子供部屋の必要性」。近頃はリビングで学習する子供が増え、リビング学習の良さも唱えられています。また、引きこもりにならないように隔離した形の子供専用空間をつくらないという考えもあります。しかし、個人のプライベート空間は、子供とはいえ自立心や責任感を育てるために必要だという考えもあります。そこで今回は、子供部屋をつくる際に親がしている工夫を紹介したいと思います。


完全独立型の子供専用空間

こちらはまるでワンルームアパートのようなロフト付きの部屋です。ベッド、机、クローゼットと必要なものはすっきりとまとまったうえ、子供心をくすぐる秘密基地のようなロフト。中高生、大人になってからも使い勝手のいい部屋です。

建築面積約9坪でここまで広い家

3畳の子供専用空間

3畳の限られた空間でも、立体的に使うことで狭さをカバーすることができます。上はベッドスペースになっています。

「4-コ ハウス」8坪の小さな家

子供が好きな色でコーディネートした子供専用空間

子供が大好きなピンクでコーディネートされた部屋は、ラブリーで楽しい時間が過ごせそうですね。お母さんがいなくても姉妹で仲良く眠ることができることでしょう。

神戸M邸

ひとつながりの空間を腰高壁で区切る

ひとつの部屋を2人で使っていますが、腰高の壁と収納棚で区切りをつくることで個別の空間が程よくうまれます。子供専用の共有スペースまでありますね。うらやましい!

No.64 30代/4人暮らし

カラーで区切る

先々、完全な個室が必要になった場合は壁をつくることができる設計になっていますが、オープンな間はカラーで区切りをつけています。カラーが違うことで境界線をオープンながらもつけられ、自分専用感が持てますね。

どんぐりハウス

可動棚で必要な時だけ区切る

可動棚を仕切り部分に設置することで、必要な時にだけ個室にすることが可能になります。

混構造の家

キャスター付きの可動収納で区切れるようにしておけば、部分的に区切ることもできる上に、壁に沿わせて設置することで、お子さんが使わなくなれば大きなひとつの空間として利用することもできます。

Mハウス


この記事を書いた人

hypericumさん

子供やペットがいても実現できる、シンプルでナチュラルな空間を求めて日々研究中。趣味は部屋の模様替えとアロマテラピー。

最近お気に入りされた事例写真

  • 子供部屋1
  • 3F・主寝室大容量クローゼット
  • ウォークインクロゼット2
  • 洗面室
  • 対面キッチン

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問