2015年05月03日更新

子供の2人部屋~仲良く過ごせるインテリア配置の極意~

お子様が2人で1部屋になる場合、親御さんは「2人部屋の間取り」というものを考えてあげなければなりません。双子なのか、年子なのか、はたまた男の子と女の子1人ずつなのかなど、お子様の年齢や性別などによって部屋の間取りは変わってきます。
 子供は大人が思っているより、公平性を求めているものです。公平と言っても、同じ空間が2つ欲しい。という場合もあれば、年の差があるのだから、部屋にも差を付けて欲しい。など、お子様ごとに それぞれ意見を持っているものなので、よく話し合ってあげて下さい。親が勝手にすべてを決めてしまうより、自分の事は自分で決めさせてあげた方が、大人になった時、よい影響を及ぼすそうです。どうしても希望を聞いてあげられない場合は、壁紙など他の物を選ばせて あげるようにしましょう。

0 お気に入り追加 17798view

お子様2人がとても仲良しの場合には、あえて間取りを考えず、すべてを共有する形でも構わないと思います。この間取りでは、デスクを一緒に使えるので仲良く一緒に勉強したり、一緒にお絵かきしたりする事ができます。

藤沢の家/Na邸

ベッドの配置にも色々あります。ベッドを斜めに配置する事で、窓の日差しまで平等になりました。壁紙もカーテンも部屋の半分で切り変えている事で、各自の領域が分かりやすくなります。

decorativebedroom.com

出典:decorativebedroom.com

こちらは足が向い合せになるようにベッドを配置しています。このように高さのないベッドを利用すると、空間を広く感じる事が出来ます。

hadasycuscus.com

出典:hadasycuscus.com

こちらは頭を向い合せにベッドが配置されています。頭の上の部分で仕切ってしまう事で、ベッドの上でだけでも個室間が生まれます。

flickr.com

出典:flickr.com

左の水色の空間の方が、ピンクの空間より少し広く見えますが、実は同じ広さなんです。天井の少し平らな部分が、目に錯覚を起こさせます。このような錯覚を上手く利用すると、同じ広さでも お兄ちゃんを納得させる事ができる場合も。

decorativebedroom.com

出典:decorativebedroom.com

完全なシンメトリー(左右対称)の部屋です。シンメトリーの部屋は、完全な平等を求めるお子様達には もってこいの部屋です。さらに、机の高さに窓を作ると(お日様に当たる時間が多いと)精神と生活習慣を安定させるのに役立ちます。

トキワの家

机を向い合せて、配置した事例です。写真の棚は板で仕切ってありますが、棚板を抜くと顔を見合わせて机に向かう事もできます。

hometalk.com

出典:hometalk.com

ベッドを2台並べるスペースがない場合は、2段ベッドを活用しましょう。このように少し囲ってあるだけでも、自分の空間を作る事ができます。

amrdesign.ca

出典:amrdesign.ca

上段部分はダブルベッド。下段部分はシングルベッドと収納スペース。お子様が「小さい間だけ2人部屋」の場合は、上の空間を妹。下の空間は絵本などを読んだり一人で遊べる年頃のお姉ちゃんスペースといったように、上下で仕切って使うのも いいですね。

pinterest.com

出典:pinterest.com


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • スタジオのようなリビング
  • スキマの書斎
  • 土間玄関
  • 対面キッチン
  • ワークスペースから和室・ダイニングキッチンへ

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問