2014年12月20日更新

インテリア(ファブリック)

落ち付いたお部屋にするカーペット選びは重要!

最近の床には、フローリングをそのままモダンな感じで使っている家も多いですね。カーペットを意識して敷いているご家庭は、あまり見なくなりました。しかし、カーペットを敷いたお部屋の雰囲気は全然違います。色や素材にもよりますが、現代のカーペットはポイントに敷くタイプである「ラグ」がメインとなってきています。


お部屋の配色に合わせた、ループ状の素材やモコモコと太く織った感じのカーペットも人気です。ミニテーブルの下に敷いておくととてもお洒落ですし、お部屋の雰囲気がまとまります。冬の季節など、素足でカーペットの上を歩きたいと漂わせる寛ぎのある空間も素敵だと思いませんか。

K邸

遊び心が配色になったデザインおカーペットラグです。賑やかな配色と個性的なイメージが面白いですね。ラグにこうったいろいろな色が入っていると、意外とどんなお部屋でも合わせることができるのも嬉しい限りです。ベージュがメインなので、ウルサイ印象を与えませんね!!

PIRICA

寝室のカーペットは、落ち着いた色が理想的です。明るい色よりも、視覚も大切でブラックを一滴垂らしたような少しダークを加えた配色のカーペットが一番落ち着きます。大地の色、ベージュを選ぶ方が多く人気もあります。それは土の色、足元の自然を求めてのことだろうといわれています。ゆっくりとした睡眠をと考えていらっしゃる方は、基本的に明るい色よりも、落ち着いた感じの色を選ぶほうがよい睡眠を取ることが期待できます!

自然素材の家 オークラモデル

ブルー系のカーペットは品がありますね。寒色の代表ですが、そこにイエローやレッドといったポイントの多いデザインですと、お洒落な落ち着いた部屋になります。癒し系のグリーンをカーペットにすると、不思議ですが癒されます。森林浴の感覚といったらいいでしょう。素足で歩きたくなるような心地よさが魅力です。

リノベーション / Buch

カーペットでお洒落にお部屋を飾る。ラグ系のカーペットは、一色ではなく、何色も織り交ぜたデザインが多いです。お部屋に合わせてアクセントとして敷いてみると、普段と違うお部屋の模様替えができます。色をチェックして、カーテンや床のフローリングと合わせる、壁に合わせるといった視覚を生かしたデザインを遊び感覚で選んでみてください。

カーペットは冬の素材と夏の素材は異なります。自然素材のものですと、自発呼吸をしてくれるので、お部屋を汚さないといわれています。ホコリの気になる方は、自然素材のものを選んでほしいです。チカチカしたデザインよりも、ブラックを一滴混ぜた感じの少し落ちつた色が、もっとも人気があり落ち着く色です。カーペットはそういったことを参考にしてみてください。

東村山の家


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • 家事室・作り付け収納棚
  • DINING1
  • 外観
  • 洗面 収納
  • 子ども部屋

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問