2017年02月16日更新

インテリア(スタイル)

今さら聞けない ブルックリンスタイルのインテリアってどんなの?

ここ2〜3年よく耳にする「ブルックリンスタイル」。聞いたことはあるけれど、実際のところどんなものがブルックリンなのか、よく分からないという方も多いのではないでしょうか。どのようにしたらブルックリンスタイルになるのか、具体的にご紹介いたします。


ブルックリンスタイルってなに?

ブルックリンはNY州5区の一つで、マンハッタン地区とはイーストリバーを挟んで反対側。ラグジュアリーなマンハッタンとは対照的に倉庫や古いアパートが立ち並ぶ街がブルックリン地区です。
家賃の安さから、移民や労働者、クリエーター、新進気鋭のアーティストなどが集まるようになり、おしゃれなカフェやアートショップも次々とオープンして注目を集めているエリアです。流行最先端の街でありながら、古いものを生かして楽しむというインテリアの考え方があるようです。

ブルックリンスタイルといえば、なんと言ってもレンガ!

NYにはレンガ造りの古いアパートメントが多いんです。
アンティーク感のある古びたレンガを選ぶと一気に雰囲気が出ます。

大阪市中央区 リノベーション

色味は明度をぐっと抑えて

ブラックやダークカラー、スモーキーカラーなど明度の低いアイテムを取り入れたスタイルが特徴です。色味をプラスする場合は明度を抑えたカラーで合わせるとまとまりが出ます。

マンションリノベーション|名古屋市東区K邸

明度を落とすことによって、マテリアルの質感が際立ち重厚感が増します。
木、コンクリート、スチールなど一つ一つの存在感も出てきますよね!

一戸建てリノベーション|名古屋市瑞穂区K邸

ヴィンテージアイテムとDIY

倉庫を改装したカフェやギャラリーを覗いてみると露出配管だったりダクトがむき出しだったりと、完璧に仕上げずに「古さ」を残した仕上がりの建物も多くみられます。その無骨さがいいんです!
そんな古い建物に合うのはやっぱりヴィンテージ家具ですね。

マンションリノベーション|名古屋市東区K邸

ブルックリンスタイルでは黒アイアンのアイテムもよく使われます。
シンプルなものとヴィンテージものの組み合わせがスタイリッシュな空間を作ってくれます。

アーバンスタイル

そして大事なのは「好きなものに囲まれて暮らす」ということ。気に入る一点を見つけるまでは妥協せず、好きなものが売っていなければ、こちらの事例のように足場板を使って造作します。あえて既成家具を揃えないというのもポイントですね。

マンションリノベーション|名古屋市東区K邸

グリーンで「オーガニック感」をプラス

植物を部屋に飾るのはNYスタイルの基本ですが、切り花を飾るとマンハッタン風になってしまうので要注意です。ブルックリンを目指すなら断然観葉植物です!

マンションリノベーション|名古屋市千種区F邸

明度を落とした無機質な部屋とオーガニック要素として取り入れたグリーンのミックスで、ぬくもりが感じられる空間になります。大ぶりな観葉植物を選んで大雑把に置いておく感じが似合います。

マンションリノベーション|名古屋市東区K邸

昨今注目されているブルックリンスタイル、色合いと素材の組み合わせが重要になりそうですね。
最近ではDIYブームもあって、古木や足場板もホームセンターで購入できますし、誰でも簡単に貼れるクロスもレンガ調のものやコンクリート打ちっ放し風のものもあり、新築でなくても手軽にチャレンジできます。
使い込むごとに表情の変わるブルックリンスタイルで、味のあるお家にしていきませんか。

この記事を書いた人

niwatori*さん

かわいいもの、かっこいいものが大好き。
以前はインテリアデザインの仕事をしていました。
結婚をして自分の生活環境が変わり、いかにして使いやすく素敵な空間を作っていくか日々研究中です。

最近お気に入りされた事例写真

  • N-HOUSE廊下
  • 東西の窓が開けられたリビングダイニング
  • エントランス
  • キッチン
  • 書斎全景

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

専門家探しに悩んだら…