2016年04月19日更新

リフォーム・リノベーション(専門家紹介) , 注文住宅(専門家紹介)

住む人の個性が表れてこそ長く愛せる建築になると考える「建築家:武藤 圭太郎」

「今流行りの家を目指しているのではない!何十年先までも愛せる家をつくりたい!」と願うあなたの想いをかなえてくれる。それが建築家:武藤圭太郎氏です。


建築家:武藤 圭太郎

武藤氏は「建築には人を幸せにし、人の心を豊かにする力がある」と考え、そこにしかない心地よさと豊かさを求めて、世界に一つだけの建築を提案する建築家です。

建築家:武藤 圭太郎

建築家 武藤 圭太郎

武藤 圭太郎

建築家

住む人の個性が表れてこそ長く愛せる建築になる。 敷地のポテンシャルやクライアントのご要望を読み解きながら、毎回何十個にも及ぶ模型を作りながら検討を行い 世界に一つだけの建築をご提案します。 ハウスメーカーや工務店が行っている様なその時の流行だけ追ってデザインするのではなく、 二十年、三十年先にも新しい発見を得たり、豊かさを感じる、そんな力強い建築をつくり続けていきたいと考えています。

適度なプライバシーを保つ空間

ベッドルームの天井は勾配天井を生かしつつ、部屋に箱を入れたような二重構造になっていることで、天井だけは高く開放的に、ベッドルームは程よく包まれているような安心感のある空間になっています。また、天井にふんわりと照らす間接照明が取り付けられているので柔らかい、リラックスできるスペースとなっています。

RENOVATION U (ベッドルーム)

バスルームの天井が光天井となっているので、大きな窓が無くてもとても明るい空間となっています。

RENOVATION U

日の当たらない建築を明るく開放的に

ガラスで囲まれたこの空間は、庭だけでなく空までもが部屋の一部のように感じる開放感抜群の空間です

RENOVATION-N (KIDS ROOM)

バスルームから見える庭は外部とのつながりを感じることができる上に、採光も確保することができます。

RENOVATION-N

今後の賃貸での活用を見据えながらの計画

壁に向けて設置された書斎は、天井・壁・床ともに白が用いられていることで、観葉植物のグリーンが栄える素敵な空間に仕上がっています。

RENOVATION M (WORK SPACE)

道路に面している外周部に縁側のようなサンルームのようなフリースペースを設け、小さなお庭を作っています。バスルームからは、そのフリースペースの観葉植物が見え、奥には森林が見えマイナスイオンをたっぷり感じることのできるリラックスバスルームに仕上がっています。

RENOVATION M

住む人の個性が表れてこそ、長く愛せる建築になると考える武藤氏をご紹介しました。
シンプルなデザインですが、どの事例にも住む人の個性を感じることができますね。

この記事を書いた人

hypericumさん

子供やペットがいても実現できる、シンプルでナチュラルな空間を求めて日々研究中。趣味は部屋の模様替えとアロマテラピー。

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • リビングの2つの窓
  • 光を落とす、バルコニーのグレーチング床
  • 寝室奥の書斎
  • 縁側
  • 玄関(外)

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

専門家探しに悩んだら…