2018/02/17更新1like1735viewゼロリノベ

中古マンションが人気の「4つの理由」

本、漫画、洋服、家具に家電製品などの中古品販売、Yahoo!オークションにも代表されるような個人間売買。リサイクル・中古市場が活況です。この流れは住宅に関しても一緒です。「中古マンション」を割安で手に入れ、リノベーションによって自分好みに作り変えるというトレンドが徐々に出来てきました。今回は、そんな中古マンションが人気の理由をまとめてみました。家を探している方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

中古マンションがお得な4つの理由

(1)価格 - なんと言ってもローコスト!同条件の新築マンションの半額近く

新築マンションは買った瞬間に2~3割は価値が下がります。なぜなら誰かが買った瞬間、中古の仲間入りをしたからです。


新築マンションが高い理由は、日本人がずっと「夢のマイホーム」と言い聞かせられてきて、新築を欲しがる価値観を持っているので、高くしても買う人がいることと、さらには告知・募集のための各種費用も相当量かかってしまうためです。

一概には言えませんが、同条件のマンションを、中古ならば新築の半額近くで購入することができます。
(2)立地 - 中古マンションならでは、好立地・利便性の良さ

物件を選ぶ際、どんな家に住むかの前に、交通の便や周辺環境、災害時の避難の流れなど、どの地域・街・立地に住むかを決めることはとても大事です。

しかし、良い土地には新築マンションは建っていません。家というものは、みんなが便利だと考える場所から建てていきますから、いい場所をおさえているのは大抵「中古マンション」です。

中古マンションというだけで選択肢を外してしまう人がいるのですが、価格は安いのに立地が良い中古マンションというのは思っているよりも多いのです。

(3)事前チェック - 実際の物件、管理状態を確認できる。陽当たり、周辺環境、管理状態をチェック!

これも中古マンションならではです。すでに物件があるので、陽当たり、周辺環境、マンションの管理状態など、確認することができます。

実は軽視されがちなのが、マンションの維持管理。維持管理がどんなレベルで運営されているかは、ある程度築年数が経たないとわかりません。なぜなら、マンションの維持管理は、住んでいる人達で構成される管理組合によって運営されるからです。

維持管理がちゃんとされていない場合、資産価値の目減りはもちろん、単純に住んでいて居心地が悪くなってしまいます。

新築マンションの場合はこれからどんな管理が始まるのかわかりません。それに比べ、中古マンションは、どんな管理がされているか、実際に見ることができるので、住んでから将来の管理がどうなっていくのかわかり、安心できるのです。

最近ではマンションの口コミサイトなんかもありますので、ますます事前チェックが容易になりました。
(4)資産価値 - 資産価値 が安定、もしもの時に貸せる家に。

新築マンションが買った直後に価値が下がるのに対して、中古マンションは、ある程度築年数が経つと価格が安定してくるので、よっぽどのことがない限り価値が暴落することはありません。

しかも好立地・利便性の良い中古マンションならば、他にも住みたい人を探すのは難しいことではありません。当然、努力は必要ですが、もしもの時に「貸せる家」に住んでいるというのは、精神衛生面でも資産価値という面でも安心です。
さて、こうなると、中古マンションはいいことだらけのように思えます。ただし、当然のごとく、いいことばかりではありません。事前確認しなければならないチェックポイントがあるのも事実です。
▼中古マンション×リノベーションで生まれ変わった家は、こちらの記事を参照。
月々9万円以下で中古マンション×フルリノベーションが実現!費用も大公開
次回は中古マンション購入前のチェックすべきポイントをまとめていきますので、こちらの記事とあわせてぜひ、中古マンションの目利き力を養っていただければと思います。
お気に入りに追加

この記事を書いた人

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

リノベーション向き物件探しが得意な会社

リノベーションをするために物件を探している方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る