戸建リノベーション・リフォーム

新座リノベーション

エリア:

埼玉県

内容:

もともと二世帯住宅だった家をご夫婦お二人だけの空間にリノベーションし、週末をゆったりと過ごせる家にリフォームしたいというご要望。
「ペレットストーブを使用したいのでリビングの中に最適な位置を見出してほしい」「ご夫婦お二人ででお料理を楽しめるキッチンを作ってほしい」という具体的なご要望をもとにした。
その結果、構造的に重要な柱を境にキッチンとリビングダイニングに分け、その境目に配置したペレットストーブがアイストップとなりリビングの象徴的な存在となった。

床材は無垢のワイルドメープル。
間接照明とダウンライトで演出効果を醸し出している。
構造柱の存在を利用してキッチン側へ適度に視線が抜けるように計画することで狭さを感じさせず室内の一体感がでる。

あえて対面型のキッチンではなく単独配置としたのは、お二人でお料理が楽しめるように回遊性を持たせるため。
すれ違うときにストレスがないことも料理を楽しむ要素!!

ご家族がお二人という利点が最大限に発揮されるのが開放感!!
ホテルのラバトリーのような雰囲気が生活に彩りを添える。

この住宅事例を手掛けた建築家

中山秀樹建築デザイン事務所

建築家 / @東京都

風通しの良い職場という言葉があります。 上司や同僚の関係がオープンで 健全な環境良い職場を意味しますが住宅も同じです。 どこにいても風を感じる淀みのない住宅は 健全な心と体を育みます。 機械を極力使用しない風通し良く居心地良い住宅を ご提案いたします。

中山秀樹建築デザイン事務所さんの住宅事例