2015年07月13日更新

リフォーム・リノベーション(その他) , 注文住宅(その他)

吹き抜けのある家~光と空間のゆとり~

幅や奥行きも住まいにとって大事なポイントですが、高さがあるというのはとても贅沢な空間利用です。
その吹き抜けの光や空気感をインテリアと合わせて、美しく表現している例をご紹介致します。


深呼吸したくなる玄関。

玄関ホールの吹き抜け。
ステンドグラスから漏れてくる光が、暖かさや空気を生み出します。
適度に使われている曲線が更に雰囲気を引き立てています。

住まう人と共にリズムを刻む家

目線が上がるリビングダイニング。

まるで植物園に入った様なオゾンを感じさせるリビングダイニング。
ウッディーな色調に、吹き抜け2階部分にあるグリーン。
ダイニングにいてもリビングにいても、きっと目線を上げて差し込む光やグリーンを無意識に眺めてしまいそうな癒しのスポットです。

『外・〈外〉・《外》』家の中に家がある!

上部の窓から差し込む光と真っ白な壁、フローリングの床は落ち着きを感じ、光をなお明るく演出します。

house @ kb

壁一杯に窓を取り、充分すぎる採光を得ています。
床、ソファはダーク系。そのコントラストが尚一層、お部屋を明るく見せています。

三世代が憩う家

吹き抜けの上から階下を眺める。

2階で1人で過ごしていても、階下を見下ろせば家族の姿が。
淡いトーンのグラデーションで統一されたリビングは、家族の笑顔もやわらかく見せてくれますね。

光格子の家

見下ろせばLDK。食事を準備するママやリビングで寛ぐパパ。
お子さんも安心して子供部屋で宿題を済ませることができるでしょう。

山形M邸

一面の窓ガラスと白い壁・床。
窓の外は街並が見えるのが現実ですが、何故か海が見える気がしてしまいます。
日常を非日常に変えるのも作りや素材、そして色のマジックです。

腰浜の家

吹き抜けは、自然を感じる室内空間。

壁や床、そして家具に当たる光や陰は、その日のお天気に依っても変化します。
この変化が生活に刺激を与えたり、疲れを癒したりするのでしょう。
思い切り手を伸ばして、深呼吸する場所が家の中にあるなんて、とても贅沢な空間だと思います。是非、そんな贅沢な空間をあなたのご自宅に取り入れてみてはいかがでしょうか?


この記事を書いた人

一の瀬かのんさん

趣味の海外旅行では、ホテル滞在を一番の楽しみとして、そこで出会う人々や暮らし、家具や小物を記憶に残して、日々の生活に取り入れています。

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • キッチン
  • リビングと連続するサンルーム
  • 柱を利用したキッチン収納
  • 玄関
  • 落ち着きのあるトイレと洗面室

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問