山下一寛さんのプロフィール

Pro

建築家

山下一寛

アウラ建築設計事務所 @北海道

高齢化が進む社会の中で私達の住み方もより基本的な事から見直しが必要な時代になっています。素敵で快適なデザインはもちろん、家族と地域を育み、愛着をもって長く暮らしていただける、住宅建築を目指し設計しています。

サービス概要

設計・施工監理

対応可能業務

注文住宅 , リフォーム・リノベーション

住所

〒005-0012
北海道 札幌市南区 真駒内上町3-2-11-2F

サービス提供エリア

北海道 / 青森県 / 岩手県 / 宮城県 / 秋田県 / 山形県 / 福島県

資格

一級建築士

『house @ tk』家族の絆を深めるモビリティハウス

注文住宅事例

説明: 施主である お母さまはマラソンと洋裁が趣味。趣味といってもフルマラソンにも出場する本格派。
娘さんは勤務のほか、いくつもライブをこなすジャズシンガー。
お祖母さまは、足腰が弱くなったもののお散歩が大好きなお洒落でにこやかな女性。
このプロジェクトは、お祖母さまと娘(お母さま)そして孫娘の、個性的な女性達の為の住宅です。

-モビリティハウスの試み-
この住宅は、もう直ぐ介助そして介護が必要になるであろう お祖母さまを、娘と孫娘で支えていこうとする“心構え”の整った、ご家族の為の住宅です。設計打合せはいつも楽しく気持ちの良い会話の中に、凛とした女性の姿勢を感じながら進めていました。
...

登録部屋数: 12

『house @ ck』大人シンプルモダンな住まい

注文住宅事例

説明: 市街地を見下ろす閑静な住宅街に位置する、若い夫婦の為の住宅である。決して大きくはない住宅を広く見せる為、間仕切りを取り除いた。逆に開放された空間をフロアーレベルの変化や切り取った天井によってラインを作り、空間に規律を与えた。クライアントは空間を理解しセンスの良い小物でアクセントを加えている。

登録部屋数: 11

house @ fg

二世帯住宅事例

説明: 「車椅子対応住宅」 -モビリティハウスの試み-
このプロジェクトは小さなお子様とご夫婦、そしてお爺様お婆様の為の住宅です。

バリアフリーという言葉が簡単にそして便利に使われていますが、障がいをお持ちの方にとって、快適で生活し易い住宅が増えたかと言うとそうではないと感じます。 現在多くのバリアフリー住宅は、ただ手摺を付け段差を解消するだけに留まっていますが、本来住宅に必要な家族との関係を育むためのプラン構成や、障がいを家族と地域社会で支えるといった基本的な姿勢に応えるうる住宅が必要と感じます。

この住宅の設計の特徴は、車椅子を利用するご家族のハンディーを、家族と地域社会で支えていく ...

登録部屋数: 11

house @ kb

注文住宅事例

説明: 「娘たちも成長し、家族みんなでの時間を良い思い出でいっぱいにしてやりたい、何より妻が満たされた時間を過ごしてくれる様にしてあげたい。」 僕はそんなクライアントの言葉を抱きながら車を走らせた。その家にふさわしい土地を探して歩くところから、このプロジェクトはスタートしている。

札幌の西岡丘陵地。東側に公園があり、西に向かって緩やかに傾斜した、藻岩山が眺望できる位置に敷地を見つけた。この場所は角地という立地から、公園と街路・敷地の3つを合わせるととても広い空間になる。この広い空間を室内で感じ取るポジションはどこか、公園の緑や藻岩の山を眺望できるポジションは ―
街路にやや近い場所にそのスペ ...

登録部屋数: 10

アイテムは登録されていません。

この専門家への評価は投稿されていません。