二世帯住宅

house @ fg

実施エリア:

北海道札幌市

内容:

「車椅子対応住宅」 -モビリティハウスの試み-
このプロジェクトは小さなお子様とご夫婦、そしてお爺様お婆様の為の住宅です。

バリアフリーという言葉が簡単にそして便利に使われていますが、障がいをお持ちの方にとって、快適で生活し易い住宅が増えたかと言うとそうではないと感じます。 現在多くのバリアフリー住宅は、ただ手摺を付け段差を解消するだけに留まっていますが、本来住宅に必要な家族との関係を育むためのプラン構成や、障がいを家族と地域社会で支えるといった基本的な姿勢に応えるうる住宅が必要と感じます。

この住宅の設計の特徴は、車椅子を利用するご家族のハンディーを、家族と地域社会で支えていく為の機能をクライアントの生活スタイルに合わせ整えるところにあります。勿論もう1つ大切な設計考察として、「家族との関係を育む為の空間構成」や、光や風の流れなど「外との関係」を整理しようとしている点も上げられます。

この度完成した住宅も時間をかけ丁寧に設計しましたが、問題を一つ解決するとまた一つ問題に気付く…障害がクリアになったどころか問題が増えた様な気にさえなっているくらいです。 私の “モビリティハウスの試み”(車椅子住宅の設計)はある程度骨格が整理されて来ましたが、細かなディティールはクライアントの身体特性や生活スタイルに依りますので、この先も常にチャレンジが続くことと感じます。

今後もクライアントの生活が少しでも快適になる様、「機能的で美しい住宅」を目指し仕事をしていきたいと思っています。

(北海道札幌市)