2015年05月04日更新

おしゃれな部屋事例(書斎)

やっぱり欲しい!~自分だけの書斎~

書斎とは本を読んだり、書き物をしたり、パソコンワークをする場所とされています。「斎」という字には「こもる」という意味もありますが、そこはそれぞれのライフスタイルに合わせて変化させるのが今流のようです。どういった形にしても、やっぱり自分だけの書斎が欲しいと願う方は多いようです。どんな形で書斎を造るか、さまざまなケースを今回は紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。


こちらの書斎は、リビングダイニングと程よいくらいの距離感の書斎です。本棚を利用してゾーニング(間仕切り)をしているだけで、扉があるわけではないので、常に家族の存在を感じながら作業ができる環境です。

> この住宅のすべての情報を見る

こちらは夫婦二人の書斎ですが、背中合わせで机を置いているので、一人の時間を十分に確保できます。コンパクトなスペースですが、あるのとないとでは随分生活が変わってきますよね。因みにこちらは奧様の書斎スペースです。ペンダントライトと椅子がとてもお洒落ですね。

> この住宅のすべての情報を見る

最近では夫婦それぞれがプライベートルームを作ることも多くなってきました。こちらはプライベートルームの一角に書斎を設けています。腰壁を作り、寝室で休む際に書斎部分を気にならないようにしたり、寝室部分とは壁紙や天井、フローリングの素材を変えることでゾーニングをしています。

> この住宅のすべての情報を見る

こちらは造り付けのオープンウォールラックと机がピッタリサイズでとてもスッキリしています。椅子の背もたれが無いものを選んでいるので、より一層スッキリして見えます。

> この住宅のすべての情報を見る

ステンドグラスが素敵な木の温もりを感じる部屋の一角に造り付けの机が建具と同じ木材で造られています。窓からの景色も楽しみながら、読書や日記を書く時間にピッタリの空間です。

> この住宅のすべての情報を見る

公社のアパートなので、管理規約により撤去できないブロック壁があったりと制約があっても、風通し穴を開けるなどの工夫で、さほど閉塞感が無くなり快適になります。ウォールステッカーもとてもアクセントになっていて素敵ですね。

> この住宅のすべての情報を見る

ブリックタイルと机でアンティーク感が漂う書斎スペースです。造り付けの本棚も机と色合いを合わせています。淡い水色のアクセントになってアンティークの雰囲気によく合います。ライトや家具、雑貨まですべてトータルでコーディネートされている素敵な空間です。

> この住宅のすべての情報を見る


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた写真

  • ゴールドの壁と演出照明で高級感のあるトイレ
  • 玄関を背に見た居室
  • カウンターが印象的なキッチン
  • 縁側
  • 玄関

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか