2016年07月16日更新

おしゃれな部屋事例(その他)

心が安らぐ和風建築の部屋特集

現代は様々な建築技術が発展し、好みの住まいが希望に近い形で手に入るようになっています。そんな中でも畳や床の間、木材などを使った和風の住まいや部屋も未だすたれることなく発展を遂げています。今回は「和風」をキーワードに、本格的な和風建築の家から洋をうまく取り入れた和洋折衷な和室まで取り上げてみました。


「和」の良さで住まう

温かみのある和室です。琉球畳、広すぎない床の間、そして、あたたかな照明が居心地の良い空間となっています。部屋の下部に設けた小さな障子からは、静かに佇むカラマツ林を眺めることができるようです。

自然の中に無理なく溶け込むような外観
屋外階段デッキ
エントランス
リビング
リビングから和室を見る

石畳の素敵な茶室のある家です。水平、垂直両方向にある丸みを帯びた柱が、ぐっとこの家を支えている姿がとても印象的です。縁側も壁もそして天井も、各々趣のある木材が使われていて、和を贅沢に使った素敵な住まいになっています。

外観
和室
和室
和室
和室

柔らかな光のこぼれる玄関です。そっと扉を開けると、こんなに素敵な和の坪庭が出迎えてくれます。外界と家を別世界に分けるこの空間の使い方は素晴らしいですね。天井の木材と大判タイルの床、真っ白な玉石の坪庭のコントラストがセンスの良さを感じさせます。

田畑を埋め立て形成された500㎡を超える広大な平屋
光が差し込む廊下
大きな空がぽっかりと建物内に広がる中庭
ライトアップした中庭
気持ちの良い明るい室内空間

和風ながらもコンクリート造りの二世帯住宅。その一部屋の和室は、純和風というよりもモダン和室の趣があります。天井が高く、教会を和風にしたらこんな感じなんだろうな、と思わせる上品な空間です。また、アンシンメトリーの素敵な床の間が、新しい「和」を感じさせます。

木質感・季節の変化を植栽等によって表現した外観
ライトアップした石畳のアプローチ
各世帯、程よい距離感を保っている中庭
収納たっぷりの玄関
仕切りのあるダイニング

二世帯住宅事例

白楽の家

320㎡

築54年の住まいをリノベーションした住宅です。畳のある、いわゆる「和室」とは趣が少し異なっていますが、囲炉裏のあるこの部屋は和の風合いが色濃く出ています。藁をところどころに仕込んである柿渋仕上げの塗装壁が、落ち着きのある優雅さを醸し出しています。

重厚でモダンな邸宅
池あり、パーゴラありの空間
光が差し込む玄関
シンプルなトイレ
坪庭が見える浴室

こちらも木造建築をリノベーションした住まい。梁や柱、天井の一部など、昔の家の面影を残しながらも新しい和風を感じさせます。和の趣ある部屋にピアノが自然と調和しています。この部屋はピアノ教室として使われているとのこと。ここでピアノを習えたら、音感だけでなく、心も豊かに育まれそうですね。

土間

戸建リノベーション・リフォーム事例

House Ookimati

職人の手仕事で仕上げる、木と石のみで建てられている伝統工法の住まいです。ボルトや金物、筋交いも使わない職人の技術がものをいう昔ながらのこの和風建築、仕上がるのが楽しみです。住まいと住む人の呼吸が自然に調和できる癒しの住まいとなることでしょう。

上棟
礎石基礎
縁側
和室
外観
いかがでしたか?多種多様な住まいから、和風の良さを感じて頂けたかと思います。皆さんもご自宅を建てる時やリノベーションをする時、ぜひ好みの「和風」を取り入れて、心安らぐ空間を検討してみてください。

この記事を書いた人

夏楓さん

最近、自宅の一部をリフォームした3児の母です☆自然素材を使って子供にも安心な家になりました。自宅の床の一部をタイルでDIYしたり、気に入った鏡を自分で購入して設置したり、とリフォーム業者さんと相談しながらも自分のカラーを出すようにしました。

最近お気に入りされた写真

  • キッチン
  • 寝室
  • 書斎
  • ワークスペース
  • 広めの土間と作業スペース

知っておきたい家づくりQ&A

自分らしい家、誰とつくる?