2017/02/28更新0like3049viewmiwa.s

春になったら庭でゆっくりしよう...ガーデンチェア・ベンチのすすめ

天気の良い日は庭でのんびりコーヒータイムなんて最高ですね。最近ではアウトドアリビングが定着し始め、ホームセンターなどで手軽にガーデンファニチャーを購入できるようになりました。種類も豊富で見ているだけでも楽しくなります。
ガーデンファニチャーの役割としては庭の演出、快適さ、庭を楽しむ..その重要なアイテムの一つがガーデンチェア、ベンチです。目的に合ったガーデンチェア選びを楽しんでください。
太陽の下でガーデンチェアに座り深呼吸...毎日のメンタルビタミンになること間違いなしですよ!

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

ガーデンチェアとは

ガーデンチェアは、ただ単にお庭で座る椅子というイメージですか?いえいえ、最高に贅沢なVIP席なのです。
季節の香りをたっぷり吸いこみ、ゆっくり心を落ち着ける椅子…もしくは大切な人との楽しい会話の席…そんな素敵な時間を過ごすための貴方の特等席なのです。また、椅子としてだけではなく、植物の置台としてお庭の演出としても活躍してくれるマルチアイテムです。

種類・特徴・選び方について

ガーデンチェアの種類も多種多様。
デザインだけで選んでしまうと失敗するケースも少なくありません。

まずは材質、一般的なものは木、鉄、藤、プラスチック、アルミなど。
木製は木ならではの温かみと木目の美しさ、手触り、軽さなどが良いところですが、紫外線や雨風などで劣化が早いということ。
鉄製は鉄ならではのエレガントさと重厚な雰囲気、重さがありますが、小さな傷ひとつで錆びの浸食が早いなど、それぞれ優れている点と注意が必要な点があります。

あとは設置個所に適した大きさも重要です。
省スペースでの使用なら、折りたたみ可能なコンパクトで収納しやすいものもあります。まずは使い方、設置スペース、屋根の有無などを確認のうえ慎重に選びましょう。
そして最も重要なのは、デザイン選びを楽しむことです。

お手入れについて

ガーデンチェア、ベンチなどのガーデンファニチャーは雨ざらしがほとんど。夏は強い日差しに当たりっぱなしになります。せっかくお気に入ものを購入してもすぐに粗大ゴミ…という事にならないよう、定期的なお手入れを心掛けましょう。

例えば木製なら、ほこりはこまめに払うようにしましょう。
年に一度くらいチェアーの表面をサンドペーパーで汚れを取り、防腐用の塗料を塗布すると良いでしょう。
鉄製のものなら水洗いをし、細部に入り込んだ汚れをブラシで落とし、水気をきちんとふき取ると良いでしょう。傷があれば、錆が広がる前に補修をしてください。

どのチェアも長時間使用しない場合はカバーリングをしておくとお掃除の手間も楽になり、劣化の進行も防げます。

「豆知識」木製を選ぶなら・・・

長く使用して体になじみ、いい味の色味が出てくる木製のものがよく選ばれるようです。
そんな木製のガーデンチェアを選ぶなら、チーク材のものを。
油分が豊富で光沢も美しく表面はとても滑らかで「木の宝石」とも呼ばれています。
さらに耐久性、耐水性に富んでおり、腐りにくく反りが少ないという優れた木材です。そんなチーク材は造船材として使われてきました。時間が経てば経つほど味わい深い色合いがでてきて、チーク材ならではのエイジングも楽しめます。
DIYならデザイン、カラーなど個性の光るオリジナルガーデンチェアも可能です。
どうぞお気に入りのガーデンチェアで贅沢なひと時をお過ごしください。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例写真をみる

バルコニー(テラス・デッキ)の住宅事例写真を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る