2015年05月21日更新

注文住宅(専門家紹介)

【専門家紹介】建築家:藤井 将「その人、その土地に合った『最適な答え』を実用性とデザインで実現」

一級建築士のほか、福祉住環境コーディネーター三級の資格を持つ藤井将氏。高齢者や障がい者に対する自立した住環境の提案を強みのひとつとしています。さらに住宅ローンアドバイザーの資格を生かし、運営する株式会社建築設計事務所のホームページでは住宅ローンについても詳しく知ることができるコンテンツを設けています。今回はそんな藤井氏の設計におけるコンセプトと、手がけたプロジェクトをご紹介します。


設計におけるこだわりとコンセプト

「実用性とデザインを両立したい」という設計に対する信念を持って活動する藤井氏。
一口に「両立」と言っても、その人、その土地に合った「最適な答え」は一様ではありません。さまざまな条件をひとつひとつ丁寧に分析し、空間として組み立てることによって、その「答え」の実現を目指しています。

建築家:藤井 将

プロジェクト紹介<1>  狭小地に建つ明るく広がりのある住宅

3方を隣界に囲まれた狭小地に計画された、明るく閉塞感のない住まい。スキップフロアによる連続した空間は広がりを醸し出すだけでなく、どこにいても家族とのつながりを感じることができます。

段差をたのしむ家 (段差をたのしむ家_外観1)

スキップフロアの中2階に位置するリビング。大きな窓を設け、1階のダイニングキッチンに光を届けています。2階の多目的スペースのガラス床からもトップライトの光が落ち、家全体に明るさが行き届きます。

段差をたのしむ家

プロジェクト紹介<2> 福島県郡山市の暮らしやすく、寒くない家

2人暮らしの夫婦からの「シンプルで暮らしやすく、寒くない家」という要望に応えた建築。LDKの周りに他の機能をドーナツ状にレイアウトすることにより、動線・断熱性・構造安定性に優れた住まいが生まれました。

つつまれた家 (つつまれた家_外観1)

LDKからテラスへは一体感のあるつくり。大開口で採光と風通しにも配慮しています。

つつまれた家

プロジェクト紹介<3> 東京の住宅地に建つプライベートリゾート

近隣からプライバシーを守りつつ、光と風を通すことで、都会にいながらリゾートのようなライフスタイルの実現を目指した住まい。「カギカッコ」をモチーフにした遊び心のある外観です。

「」の家 (「」の家_外観1)

リゾートを最大限に感じられるよう、インテリアには南国に生える高級木材であるチーク材を使用。室内も「カギカッコ」を造形のルールとしてデザインし、統一感を出しています。

「」の家


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • リビング・ダイニング キッチン
  • 食器棚
  • 天井と壁がヒノキのバスルーム
  • キッチン
  • 縁側

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問